« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006/09/30

九日月(上弦の月)

Img_0411 九日目、いわゆる上弦の月です。他に九夜月、

弓張り月などと呼ばれてます。理科の試験に

でましたよね。上弦の月は、どちらでしょうとか

上弦の月の説明を書け。なんて、私は、今日まで

わからず、試験の結果も不明なままでした。

上弦の月とは、弦、つまり円の中心側を

上にして西に沈む月のことです。下弦は、中心側を

下に沈む月です。これで試験に出たらばっちりや

(月の出 pm13:26  月の入り pm  22:55)

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ Photo_21

今日やっと仕事が、ひと段落着きました。        

後は、変更と訂正の連絡待ちです。明日一杯は、

何やかやと作業があるかもしれませんが、

ゆっくりお茶を飲める時間はありそうです。

| | コメント (8)

2006/09/29

八日月

Img_0409 八日月ですね。

この頃の月を半月(はんげつ)といいます

あのすごい台風以来、良い天気が続いています

乾燥にご注意ください。

(月の出 pm 0:28  月の入り pm 9:56)

♂  ♂  ♂  ♂  ♂  ♂  ♂  ♂  ♂    Photo_22  

 今日も幼稚園児たちの運動会の練習の音楽が聞こえました。 

年少組さんたちは、ほんとに小さくて、

歩くのがやっとの子もいてますが、一所懸命な姿が

ほほえましく思えます。

どうか、純粋なままでいてくださいね

| | コメント (4)

2006/09/27

七日月

Photo_44 七日月やろと先に言われそうな感じやね

間違いございません。

上弦の月に近づいていますが

まだ上弦ではありません。

英語ではHalf Moonといいますけれど

情緒がないですね

(月の出 am 11:27  月の入り pm  21:06)

\‘Δ‘/\・Δ・/\‘Δ‘/\・Δ・/\‘Δ‘/ Photo_23

昨日PM7時半ごろのTVで渡哲也さんが、奥さんのことを

「うちのおばさんが・・」と言われてた。

渡さんならおばさんといわれても許せるのよね。

以前家に来た大工さんが、奥さんのことを「うちの女が・・・」というのを

聞いて嫁さんでもなく、母ちゃんでもなく「うちの女」という言い回しに、

大工さんの奥さんに対する深い愛情を感じたのです。長年連れ添った亭主に

女として認めてもらえるなんて最高のほめ言葉だよね。しかもよそのうちで。

私には、「嫁はん」という響きのほうが会話を聞いていて違和感がない

| | コメント (0)

2006/09/26

六日月

Img_0401 当然のことながら今日は、六日月       Photo_24

ひとり芝居をしてるみたいですが、

誰かが見てくれているかなと思いながら

毎日形を変化していってます。

自分の楽しみでもあります。

実際の今日の月と違うと言わないで下さいね。(上は昨日の実物)クリックするとかすかに月が見えます。見えない方は、運のつきがないと・・・

天文学的なものではありませんので悪しからず、

趣味の領域ですから。

(月の出  am 10:25  月の入り pm 20:24)

☆ ・ ☆ ・ ☆ ・ ☆ ・ ☆ ・ ☆ ・ ☆ ・ ☆ ・ ☆ ・ ☆ 

昨日から、少し疲れて来ました。コーヒーの飲みすぎで         Photo_42

胃が悪いようです。作業ペースが格段に落ち、集中する時間が

短くなっています。でも時間は、止まってくれません。

四の五の言わんでやれと自分に発破をかける。

もう少し、頑張りましょう。そうすれば・・・いいことあるかな?

| | コメント (4)

五日月

Img_0395 今日は五日月です、もう、お見通しですね。

そろそろ正体が見え始めましたでしょう

お天気は、良いのですが、

お月さんが沈む頃は、もやって

見えにくいです。環境の悪化でしょうか。

(今日の月の出 am 9:24 月の入り pm 19:49)

 ・

 ・

* * * * * * * * * 

清々しいお天気で昼間は、幼稚園児がPhoto_25 前の公園で、

運動会の練習をやっていました。9月に入ってから毎日

段々と上手になっています。今の幼稚園児は、すごい!

バトントワラーなんかできるのですから。

| | コメント (2)

2006/09/25

四日月

Img_0392 今日は、四日月です。

三日月以降別名もありますが、

四日月がどの呼び名なのか確認できませんでした。

新月から大体お察しされたと思いますが、1年で

一番月が美しく見えるこの時期に、ここを訪問くださった

方としばしの間、月をめでようと企てました。

これまでどのくらい月を見たでしょう。

私は、たぶん100回も見ていないですね、

太陽より月のほうが、見ていて優しい気持ちになるような

気がします。更けゆく夜のしじまに月光の冷たく照らす感じが

心に静寂を運んでくれるそんなことで古代から好まれるのでしょう

(月出 am 8:26  月の入り pm 19:19)                                 2_3

            ☆ ☆  ☆ ☆  ☆ ☆  ☆ ☆

     気合を入れて仕事をしたので、だいぶ進み第1弾が、明日終わります。

    明日からは、第2弾の開始です。まだ先は、長いですが、

      少し、気分的に楽になりました。 今日は、もうひと踏ん張りやりますか。

| | コメント (5)

2006/09/24

三日月

Img_0389_1 今日は、三日月です

眉月、若月などとも呼ばれています、

夕方 西の空に沈むのが見えると思います。

まだ、暗くなっていない

青空と夕焼けが入り混じったような空の中に

細くきらりと光る半円弧

細いのでなおさらキラメイテ見えます

(今日の月の出  am 7:29  月の入り pm 6:53)

  *~~~  *~~~  *~~~  *~~~ *~~~  *~~~  *~~~

  Photo_26 日常 は、夢見るように行きまへん。夢でおなかは、

 満たされないけど、頭の片隅に別の世界があるような

 気がするのです。あっ、二重人格ではありませんよ

 ふたご座なだけです。

デザートは別腹のような風流を楽しむ頭とでも言いますか

私が、風流人なわけないのですが、時折、頭をかすめる

イメージやらひらめきが日常を一瞬忘れさせるような

時空(かっこええなー)を探しているのかも。 

一瞬どころか、しばらく忘れている事もありますが、もしかしてボケか健忘症でしょうか

 

         

        

| | コメント (0)

2006/09/23

繊月

Photo_35 Photo_27

繊月(せんげつ)といい、繊維のように細いと

いう意味と、二日月(ふつかづき)(2日目の月)

も呼ばれています。

統計的に新月をはさんだ3日ほどは、

事故が多い時期らしいのでどうぞ、お気をつけください。

^・^  ^・^  ^・^  ^・^  ^・^  ^・^  ^・^  ^・^  ^・^  ^・^  ^・^  ^・^;

今日は、あっという間に1日が終ってしまい、仕事も余り進んでいないのに、

FAXが30枚ぐらい(うちのFAXは、ロールタイプなので)が、食事中にやってきて、

放っておいたら部屋中をうねって、のたうちまわったような状態でした。

やっと片付けたら、1時間かかってた。フー

| | コメント (4)

2006/09/22

新月

Photo_29   今日は新月です。          Photo_28                                                

余り真っ暗なので、明かりを用意しました

皆さんの心にも明かりがともりましたら、幸いです。

新月になって48時間以内に願い事をすると

叶うといいます。

2日も猶予があるなんて、

ゆっくり考えなさいということですか?

かなえるための決まりごとがあります

1.願い事は、10個まで

2.手書きで紙に書き留める

 ※たとえば幸せが欲しいとか箇条書きでなく、

幸せを手に入れるためにこんな努力をするのでとかを具体的に文章で書く。

3.最後のひとつの願いに周りの方々の幸せを願うことをいれること。

私なんか、2番の時点で四苦八苦しそう、具体的にどうもこうもしそうにないし・・・。

欲張らんと2つぐらいにしときなさいという戒めか。どうも自分の願い1つと周りの幸せでおしまいですね。

次の新月まで願いをかなえるための努力をすれば、1つぐらいは、叶うかも。

叶わないものがあれば、また新月に願い事をする。この繰り返し。満願成就も1年で達成?

夢をみられるかたは、お試しください。

欲のからむ願いごとは、だめよ。私がお月さんなら、却下する。

あらー、もう1時間も経ってしまった、あと47時間です

いい夢見なよ!       おやすみなさい zzzzz

| | コメント (4)

2006/09/20

めちゃめっちゃ

今日、めっちゃめちゃ腹たった。むっかつくんじゃ!重い

内容は、言えませんが

年に2・3回は、こんな日がある。いや4・5回。こんな日に車で出かけようもんなら

事故起こすね、きっと、だから、うちから出ないで心頭滅却(?こう書くんだっけ)

でも、納まらん。コーヒーガブ飲み、胃悪い、イライラ、温厚そうにそうに見えるならやま

切れる寸前。誰にも当たりませんので、おなかの中で、どす黒いものが、煮えたぎって

いるのです。人に話したらね、私の人格が壊れる。おのれの弱さが腹を立てさせるのだろう

腹を立て、イライラすることが発散になっているのかもしれない。

少し、納まってきたかな

今日は、バラのオイルでマッサージして、パックして月の香りを焚きましょう

とびっきりのゼイタクをしてワインを2杯も飲んじゃうぞ、早く寝て忘れよう

明日、機嫌が直っていますように。

ここに来た皆さん、すーっと通り過ぎてくださいね

注意!下のスポンサーリンクなるもの無視してすっ飛ばしてください

| | コメント (4)

2006/09/19

おたわむれ

Img_0281 昨日まで¥100shopダイ○ーで

陸釣りをしてましたが、今日は、

この池で釣りをやっています。

おたわむれも午前中まで

お座敷がかかりましたので

午後からお仕事です。

| | コメント (4)

2006/09/18

台風一過

昨日の台風、すごかったね。対策をやっていたが、

夜中になって、ベランダの日よけを固定していた部分の

はずれをなおしたり、何度も見に行ったりとばたばたしてた。

今日実家に行ったら、屋根のトタンが飛んで行方不明、怪我や

事故がなくてよかった。コスモコモンの屋根のステンレス板が紙を丸めたように

なって落ち、ガラスも割れているのがニュースに流れていた。けが人無しで

良かった。帰ってから、自宅のベランダの掃除に2時間。どんなことでも

やってしまいそうな現代になすすべもなく通過するのを待つしかないのか

台風の中に原爆を打ち込んで流れを変えるとかエネルギーを拡散するとか

物騒な話も昔あったけど、そちらの被害のほうが大きいのだろう。

被害にあわれた方、心中お察し申し上げます。頑張ってくださいとしか

いいようがなくて、ごめんなさい。

| | コメント (7) | トラックバック (2)

2006/09/17

我道楽(写真はクリック)

Img_0210_2 我道楽の紹介です

ドールハウスを3年前に作りまして

momomamaさんのドールハウスに

影響されてやっと日の目を見ました

本来なら温室が

あるはずですが、挫折しました

<全体像です>見本とは色を変えてしまいましたので、いいのか悪いのか?

Img_0198 やっと日の目を見た

お祝いのパーティです。

寿司盛がみえますか?

暖炉の横の薪入れは

コーヒーミルクのカップです

スタンドライトのランプシェードをアレンジしました

<1階居間>

Img_0199 <1階キッチン>

ワインケース、¥100shopのマグネットにありました

他にも種類ありますよ

お勧めポイント

にんじんのお皿はどこだったか

忘れました

Img_0203_1 <2階寝室>

ここは、割と見本に忠実にやってます

壁紙が、少し浮いているかもしれません

作っている時期が冬だったので、夜と昼の

温度差で伸縮したようです。

Img_0200_1

<2階浴室>

床を何回も失敗して、ゆがんでいます。

トイレのタンクは見本では、天井近くに配置だったのですが、

地震が来て落ちるといけないので

今風に変えました。

Img_0209 <3階子供部屋>

屋根裏部屋の感じです

ここも忠実にやってます

スタンドライトのランプシェード

アレンジしました

なぜか和風

Img_0206_1 <3階書斎?>

ここも忠実にやってます

狭いのにいろいろ

置きすぎましたね

Img_0211 <1階・2階窓際>

皆さんのお目汚しにならなければよいのですが

ただ、残念なことに照明に明かりが灯っていても

フラッシュのおかげで効果が見えません

このキットの会社のHPで作った方のお披露目が

できるのですが、もうすごかったですよ、ロココ調やら

ベルサイユ調やら家具に絵付け・彫刻までされた方が

ありました。私のは、自己満足ですので、ご理解ください

ご笑覧有難うございます

| | コメント (4)

2006/09/14

失敗につき

今日、掲載するために写真を撮ったのですが、イメージのものが

取れません。フラッシュをたくと色が飛び、たかないと暗すぎて

まっくらになり、どうすることも I can not.ですたい、あーた

♪どけんもこげんもないとばい ほんに飯塚 よかよか よかところ♪

(飯塚音頭の1節より)

こんなんでごまかさんといけなくなりました。

またまた皆様の失笑をかうもの(クスリ いかん変な薬を創造させますね

クスッに訂正)を創作中です。

もうしばらくお待ちください。

| | コメント (2)

2006/09/12

今頃見つけた

朝晩、肌寒くなってきた今日この頃、あちこち渡り歩いて

見つけました。早よ言えって、

実は 飯塚花火大会の動画が見つかりました。

PLより臨場感があったと思う。画面は小さいが迫力はある。

<いいづか元気、放送局>今年3月開局して間がないので

これから発展していくのでしょう。

上記をクリックして「ニュース」に入ると花火が見れます

河川敷の屋台でりあらさんが見つかるかも?

「イベント」で山笠(動画)も見られます

上記HPの画像の左の縦線最上部の四角を

スライドすると左のコメントがスライドします。

実際の放送局ではなく、インターネット上の発信局と

いうスタンスでしょうか。

| | コメント (4)

2006/09/11

ならやまの由来(始まり)

ブログの自分のプロフィールには何も記しておりませんが、

ネタの代わりに、今日はならやまの由来(始まり)について。

ならやまは、ニックネームで、誰が言い始めたのか不明だが、

確か、小学校3年ごろからクラスのなかでそれぞれにニックネームを

作って呼び始めた記憶がある。最初は、女子の間で呼んでいたのを

男子も呼び始め、皆が親しくなっていったと思う。ならやまは、その後

クラスが変わっても中学・高校に行っても変わりなく継がれていった。

もう孫がいる年代になってもならやまで呼ばれ、それもイヤじゃないし

古くからの友人たちに呼ばれるのが当たり前のような気がしている

苗字で呼ばれたら、ひと事のようでこちらも丁寧語で答えたりしてつらい。

皆さんほんとに立派な大人になられましたけど、わたしゃなりきれまっしぇんとよ

もっとばあさんになっても 「ならやま」でいますから、ずっと「ならやま」と

呼んじゃって。たのんまっせ。

ひつぎに向かって「ならやま!いいとこいきないよ」

今から笑いがこみ上げてくるとです。(中でニヤリとしてるかも)

| | コメント (4)

2006/09/10

初対面

とうとう実現しました。ブログで知り合ったもの同士が

初めて対面です。嘉穂劇場前で待ち合わせして、

momomamaさんが「ならやまさん」と私に声をかけてくださり、

すぐにスムーズに話が始まりました。今までの私には

考えられないことでした。昔の私なら、知っているひと以外で

会うことなんて絶対にありえないことでしたから。それから

すぐにりあらさんが見えて、もうすぐ打ち解け、旧知の仲のように

話が弾んでいきました。ブログである程度それぞれのことを

自分なりに認識していたということもあったと思いますが、

安心して語りあえる仲間として居心地のよい時間をすごしました。

お二人ともチャーミングで本当に気さくで明るくて、元気をたくさん頂きました。

momomamaさん、新しい車で慣れない中、ほんとに有難うございました。

りあらさんお忙しい中、いろいろお世話をお掛けしまして、

ほんとに有難うございました。

ブログにて   感謝申し上げます。

今日は楽しい夢を見れそうです。

また、お会いできるのを楽しみにしております。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006/09/08

大好きな曲

最近、聞いているボサノバのCD、心地よく軽快な曲や

スローバラード、どこかで聴いた懐かしい曲ばかり

「おいしい水」 「day by day」などスタンダードな曲

私の葬式は、このCDで送って欲しい。お経は要らないから。

周りからは、ひんしゅくをかうかもしれないけど

無宗教で信仰心がないので。遺言に書いておかな、いかんね

桜もあと50回は見ないといけないので当分先の話だが

| | コメント (7)

2006/09/06

実家の犬

昨日、実家で飼っている犬のコロが天寿を全うした。

年をとってからは、糖尿病・心臓病のようだった。

それでも一生懸命愛想を振りまいていた。

享年19年ぐらい、今年の夏は、堪えたのだろうか。

死ぬ数時間前、しきりに吠えていたと聞いた。きつかったのか

迎えが来たのを悟ったのか。

今日は、父の月命日

かわいがっていた父が迎えに来たのかも知れない。

「きつかったろう」といって。

最近は食欲も少なくなり、寝ていることが多かった。

彼は、幸せだったのだろうか、私は、余りかまってやらなかったが

涙は出てくる。

なつくと最後が辛くなるので距離を置いていたつもりだけど

冷たいやつだと思っていたのかも知れない。家族にはかわいがられて

いたからよかったと思う。彼のやんちゃな頃や元気に走り回って

いた姿を思い出に残しておこう。  いいとこ行きないよ。 合掌

| | コメント (7)

2006/09/05

今日は雑用

午前中で仕事のかたがついたので、支払いとTVのリサイクル処分の

手続き、車検の見積もりをして帰宅。

先日、我TVがとうとう、壊れ新TVを買ったのですが、そのお店では、

処分はしていないらしく、郵便局でリサイクル費用を払い、その領収書を

リサイクル申込書に貼ってリサイクルできる電器屋か宅配業者に持っていく

こんなに手間がかかるんです。リサイクル可能な電器屋でTVを買えば

よかったのか(高いかもと思って)費用は、製造会社により異なるようです

私の場合は、2835円でした。¥5000もしてたら、山に捨てようと思う人が

いるのだろうといけないけど少し納得。

今年は、出入りの激しい年なのだろうと海を見にいけなかった夏 

これで少し慰める。下のイラストは「海の素材屋」さんより

お借りいたしました。(画像をクリックしてみてね)

[ 先ほどご指摘によりメールアドレスを表示いたしておりましたので

9/6 pm12:55に上記に変更いたしました。

海の素材屋さんならびにご訪問くださった方へ

ご迷惑お掛けいたしたことお詫びいたします ]

Autumn_beach_5

| | コメント (5)

2006/09/03

地元限定情報

人に言うと鬼のかくらんじゃと言われそうです。夏の疲れか、仕事疲れか、

それなら、じっとして疲れを癒せばいいものをウロウロしました。

稲築方面に行かれる方、マキちゃん・ビビンチョさん もう行った?

○anto稲築旧店舗の真向かいに○antoが新規openして、

きれいで中々よかよ

スーパー大好きな私は、こんなとこまで遠征してまたいらんもの

買ってしまった。

冷房が効いて、自販機前でいすがあり、少休止できます。

自販機だったけどコーヒー(ネスレ、紙コップの方)おいしかった。

1杯立てのようです¥100

| | コメント (4)

2006/09/02

炊飯器でパン

明朝のパンがなかったので炊飯器でパンを作りました。(3回目)

TV「伊藤家の食卓」のレシピを参考にしています

材料 ホットケーキの素  200g  牛乳   150cc 全卵 1個

    サラダ油 大さじ 1杯弱 (今回実験のため 入れず)

作られる方へ  4~5合用釜の材料なので3合用は、半分にして下さい

1.ボールに卵を入れほぐし、粉と牛乳を加え、混ぜる(泡立てなくてよい

 だまがなくなり、全体が液状になるまで約1分ぐらい)

Img_0111_2   

2.炊飯器にタネを全部入れスイッチ on。

大きさメーカーにより異なるが

10分弱で保温になるので 2~3分して再度 on。

2~3分で保温になる。

再度 on。保温になったらふたを開け、上面が生だったら on

Img_0112 上面がカステラくらいに

なるまで保温にしておく。

※最初のonの後、忘れて保温

のままにしていても

1時間くらいで焼きあがります

Img_0114 内釜から出して、お皿に逆さにおく

できればお皿から浮かして、蒸気を逃がすような

金網(魚のにおいのしないもの)か電子レンジに

付属しているこの画像のすのこなどにおく

釜から外れにくい場合は、ゴムベラを釜の壁と

パンの間に沿ってまわしてみたら外れやすい。(材料のサラダ油を入れると取れやすい)

これは、ホットケーキの素だけなので、甘くありません、ケーキの土台ならフルーツや

生クリームでカバーできます。干しぶどうを入れたり工夫してください。

砂糖や蜂蜜を加えるとカステラのようになりますが、焦げ付きの恐れがあります

砂糖や蜂蜜を水でのばしてケーキ台に刷毛で塗るか、かける方法もありますね

注意!作った後、釜にうすっらと焦げ色が残るかもしれません。無理にこすって

洗うとテフロンがはげますのでご注意ください。その後のご飯に色が付いたりは、

しませんが気になる方や新しい釜の方は、よくお考えの上お試しください。

パンというより、カステラに近い食感です。(というか厚焼きホットケーキか)

作業としては、初めのタネを作る1分だけ、後は釜が勝手に作ります

約5cmの厚さです(泡立て過ぎると釜の上蓋にくっついてしまうかも・・・)

これで明日の朝食もhappy

| | コメント (4)

2006/09/01

大好きな季節

今日少しひんやりしましたね、私の大好きな季節が

やってきました。クーラーもストーブも要らない、さわやかな季節。

初夏とは違い、少し感傷的な気分になる空気。いっぱい思い出の

ある今頃の風景。懐かしく、ほろ苦く、心が清められるような気分

になれる。楽しかった記憶がよみがえります。(今楽しくないわけでは

ないですよ、今はそれなりに楽しんでますけど)

As time goes by

| | コメント (6)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »