« 地元情報ほか | トップページ | せっけんカット »

2007/03/25

今日の新聞より

今日の西日本新聞筑豊版に私たちが、中学生時代に教わった

体育教師、大塚先生のコメントがでていました。菰中HP(お知らせ)にも

書きましたが、こちらでは、私の主観を書かせて頂きます。

地元3高校の統合に伴い、西日本新聞で「山高行進曲」という特集を組まれその

5日目に大塚先生が、山高生時代の思い出を懐かしくお話されています。

当時、設備も整っていない中、全国大会2年連続出場され、3位の成績を残される

ことはすごいことだと思います。

こんな偉業を残されたこと、教え子は、知っていたでしょうか。

私は、初めて知りましたよ。当時先生は、バスケット部の顧問をされていましたが、

クラブ部員にこんな話をされていたのでしょうか。

普通、女子の体育は、女性教師が、受け持つと思うのですが、私のクラスは、

2年生の時、大塚先生の授業を受けました。

女子ということで先生も苦労されたでしょうね、余り厳しかった記憶がありません。

男子には、厳しかったかもしれませんが・・・。

その当時の大塚先生は、それはそれは、カッコよくて(主観)、

大型バイクで通勤され、40人近い教師の中で、1番のハンサムだったですね。

そうですね、ケビン・コスナーにそっくり、ハーフに近い面立ち。でも、とても厳し

そうで、ストイックな感じだったので、女生徒からキャーキャー言われることはなく、

ちょっと近寄りがたかった印象です。

でも、今日の新聞の中の先生の写真は、本当に優しい笑顔の素敵な

かわいいじいちゃんです。今も、じぇったいかっこいいに違いない。

来年の同期会にぜひ、お招きして欲しいですね。幹事さんどうかひとつ、よろしく!

|

« 地元情報ほか | トップページ | せっけんカット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地元情報ほか | トップページ | せっけんカット »