« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007/10/30

健康診断

諸般の事情で、先週健康診断を受けて、今日結果が出ました。

どーっこも悪いとこなし。血液・尿・血圧 全部正常値 

赤血球なんか多い方の数値。なんで?子供の頃 貧血でよく倒れたのに いつ直った?

先生も出てこなくて、受付でもらうだけ。

「この数字ちょっと気をつけないと大変なことになりますよ」も無し。なんか拍子抜け。

身体にいいことなんかやってる?ストレッチだけよ。食生活も褒められたものではないし。

粗食がいいのかな?(ウサギのえさのような食材で)

健康だけが、取り柄ですから。

少し、無茶してもいいのかなとあらぬ考えを起こしてしまいそうだよ。

粗食で過ごし健康だったが、おいしいものを食べたかったと悔いを残してあの世へ行くか、

おいしいものを食べ尽くして、食事制限の治療を受けるか どちらが幸せな人生だろうか。

どの道、私の場合、粗食しか出来ない状況ではあるが・・・・

| | コメント (4)

2007/10/27

重宝してま

  (画像不明)うちは、ラジオが、FMもAMも入らず、今まではCD聞く時

スピーカーを1mくらい伸ばして聞いていました。

そこで何とかキッチンでも音楽を聴けないかと

考えました。

システムコンポからコードが延びています。

(画像不明)

隣のダイニングまで
伸びています
右は、スピーカーで、
¥100でした。

+延長コードで     (画像不明)
合計¥200。
(本来は、TV用で
TVの音声を近くで
聞くためのものらしい)

音楽を聴きたいとき、コンポから遠くて 聞きづらかったので、試しに繋いで見たところ、
ステレオではありませんがとてもいい感じで音楽を聴くことが出来ます。

これなら、隣の部屋や風呂、いや洗面所まで持ち運びできそうです。
コードが、ちょっと見た目にどうかというところですが、
そこはそれ、私のことですから、目をつぶってお構いなし。

なかなか重宝してま。これは、お買い得でした。

| | コメント (2)

2007/10/26

気になる物(3)

本町の真ん中から、横を向くと脇道が何本かあります。
そのひとつ、太養院参道、由緒あるお寺と聞いています。
(画像不明)
同級生 あっちゃんのご実家でもあります。
今は、弟さんがご住職をされているようです。    お寺にソテツ?

(画像不明)

昔もこんな感じだったカナ、 (画像不明)
いやこんな石畳はなかった。
歩いていくと
山門が、ありました。
変わってないなあ。

Img_1867_2 これが、夜の参道です。

道にライト(太陽光充電?)を埋め込んでいて

昼とは違って風情のある景色に変わっています。

私が気になっていたのは、この夜の方でした。
どんな風になっているのだろうと思って。

石貼りの研いた面に光が反射しているし、
道がカーブしているのもいいでしょう。
ココまで計算していたなら、◎あげよう。
                   予想を超えた 趣があります。
                       昨日のコンサートの帰りに撮ってきました。

| | コメント (0)

2007/10/25

嘉穂高記念演奏会

本日、嘉穂高校吹奏楽部の全日本吹奏楽コンクール出場記念演奏会が、行われました。
普段の演奏会より30分遅く 7:00開演でした。学校が終わってからの準備等でこの時間となったのでしょう。
大人は、これくらいの時間からが、いい時間なんですがね。

1時間前でもまだ早いかなと思って出かけたのですが、すでに100~200人ほどの行列が
出来ていました。やはり、コンクール出場ということもあって、10/6・7にあった定期演奏会でも
ほぼ、満席だったようです。今日も満席でした。

1 部 母校吹奏楽部OB 楽友会による演奏  指揮 楽友会顧問 尾木先生

    音楽祭のプレリュード・歌劇 「ローエングリン」よりエルザの大聖堂への行列
    カーペンター・フォーエバー  ラデッキー行進曲

2 部 コンクール 課題曲 マーチ 「 ブルースカイ 」

          自由曲 ハンガリー民謡 「くじゃく」による変奏曲  指揮 現顧問伏見先生

3 部 アルセナール          指揮 現顧問 伏見先生

     歌劇 「運命の力」序曲    指揮 元顧問 竹森先生
     里の秋                        同 上

     ディスコ・パーティ3       指揮 現顧問 伏見先生

     映画 「 陽の当たる教室 」より メドレー    同 上

最後に引退する3年生一人ひとりが、思いを語りフィナーレとなった。

演出されていたとはいえ、こういう場面は、目頭ジーンとなりました。

金賞を逃し、悔しかった思い、精一杯やりつくしたという思い、3年間の辛かった思い出
部活に所属しなかった帰宅部より、はるかに得る事があった筈です。Img_1877

想像はつかないほど、苦しいことも多かったでしょう、
学業との両立も大変だったでしょう。

観客は、そんなことわからないけど、彼らの
素晴らしい音楽に心から酔いしれ、一緒に
楽しみ、帰りは、足取りも軽く、心地良くなります。

見ず知らずの他人を感動させ喜ばせることって、
最高じゃない?  

私がこんなに楽しい気分になれることも早々ないのよ。

だから、来年も再来年もずっと 嘉穂の定期演奏会に行く!

今日の演奏は、金賞よりずっと上だったよ。

| | コメント (4)

2007/10/23

十三夜

momomamaサンとこのブログを拝見して、十三夜であることを知りました。

ずぼらして、外には出ず、窓からわずかにImg_1858

見える姿を撮りました。

ちょっと いびつ(変形)です。(手振れのため)

何の趣向もありませんが、教えてくださった

momomamaサンに捧げます。

有難うございました。

| | コメント (4)

2007/10/22

吹奏楽コンクール

昨日、全国吹奏楽コンクールが、東京普門館で行われました。

我が母校、嘉穂高校も出場し、銀賞を受賞しました。残念ながら、金賞は逃しましたが
来年に希望をつなぎたいと思います。

全国から29校が参加し、金賞が11校 銀賞が11校、銅賞7校となりました。

ご声援頂きました皆さんに心よりお礼申し上げます。

嘉穂高吹奏楽部の皆さん、きっと思い出に残るコンクールだったと思います。

今後も 素晴らしいクラブ活動をされますことを祈っています。

あなた方の 吹いて奏でて楽しむ姿は、私の至上の喜びですから。

お断り: <吹いて奏でて楽しむ>のフレーズは、

どちらかの記事で拝見したのですが、どこだったのか忘れました。

使わせて頂きましたこと お許し下さい。

| | コメント (6)

2007/10/21

魯山人風

先日、田川美術館へ魯山人展を観に行って来ました。超一流の料理人でありながら、
陶芸家、書家、画家、漆器作家、料亭の設計までこなし、今で言うマルチな才能を
発揮し、認められた芸術家でしょう。芸術家ゆえの苦難にもあったようです。

庶民には、到底 彼の料理も彼の弟子の料理も味わうことは出来ませんが、
彼の残した品々を目にすることが出来ました。

その会場で、魯山人が、作ったレシピを現在の料理人が、作った写真が
展示してありました。普段私たちが、使っている食材(大根、人参、ゴボウなど)が
高級な一品に見えるような料理に生まれ変わっていました。

これは、魯山人作の器に載せているだけでは 
ないように思う。(画像不明)

右は、展示料理写真のジャガイモと小松菜のポタージュを
見て、私が、作ったポタージュで、もちろん失敗作です。

実際は、小松菜を裏ごししてグリーンのきれいなものでした。

私のは、裏ごしはしておりませんので、小松菜のさいの目切り
状で、まったく別物となってしまいました。

魯山人のポタージュを食したわけではありませんが、私のポタージュも
私なりにおいしく食べました。

最近料理と呼べる作業をしていないので、少しやってみるとオーみたいな気分です。

魯山人が、存命なら今の日本人の食生活をなんと嘆くだろうか・・・・

全部、冷凍食品のような料理屋さんもあるようなこの時代を

| | コメント (2)

2007/10/18

モミジ日記

久々のモミジ日記。その後どうなったでしょう。(画像不明)
健在といいたいところですが、
ご覧の通り、すでに落葉しました、枯れたのかも・・・

この夏の暑さのせいか、管理の悪さのためか、
紅葉もしないで、葉が、枯れ落ち、針金状態です。

来年の春まで、半年は芽が出るまで、生きているか
どうかわかりませんので、乾いたら水をやらねばなりません。

大きい方のモミジも葉は、ついていますが、枯れたような葉っぱに
なってしまい、こちらも 今年の紅葉は、無理のようです。

来春まで、気長に待つのみです。

元気でありますように!

| | コメント (2)

2007/10/14

ある講習会

ある講習会(決して怪しいものではありません、福祉に役立つもの)を受けておりまして、
もう全日程の半分を終わりました。私としては、一部の方と打ち解けたところです。45名居るので
全ての方を覚えるのも、限界があります。私の場合。。。まだ名前もわからない人もおります。
しんどいこともありますが、彼らの存在が、私を何とか続けてさせてくれます。

明るくて、親切で、時には とぼけて笑わせて、眠い時には、目を覚ませてくれます。

そして、今日、昼食中、ひとりの男性(おっちゃんいや、オニイサン)が、ギターを持ち出し、
ランチタイムライブをやってくれました。
初めは、みんなあっけに取られていましたが、静かに耳を傾けました。若い子には
なじみのないジャズも最近の曲も歌って、老若男女が、心地よくなったのです。
終わったら、満場の拍手喝采でしたね。

3曲でしたが、いつもより10倍おしゃれな昼食タイムを過ごせました。

Nさん、また、来週もライブお願いしまっせ。よろしく! (これも福利厚生になった)

| | コメント (2)

2007/10/13

福利厚生

なんだか今日は、外に出るのも億劫で、1日在宅してました。

何か自分のためになることで、先日来の仕事の(画像不明)
福利厚生を兼ねて和菓子を作りました。
(安上がりやな)  杉玉と命名す。

<何ちゃってレシピ>

棒寒天 1/2本 水に半日つけて戻す。
白玉粉40gに水40cc+酒10ccを加減しながら加え
抹茶大さじ1杯弱を混ぜる。うちに抹茶がないので
粉末の緑茶(市販品)にした。
これを丸めて、沸騰した湯に投入し、浮いて
来たら、水を入れたボールに移す。

水250ccを沸騰させ、寒天をちぎって入れる
寒天が、とけたら 小豆缶(430g入り)全部入れひと煮たちして、流し缶にいれ、冷やす。
固まってきたら、上に緑白玉を載せる。おしまい。

なぜ杉玉かって、緑白玉を作る時に、日本酒を入れました。
残念ながら、誰が食べるかわからないので、アルコール分は飛ばしてます。
杉玉は、新酒を絞ったというお知らせで、酒蔵や酒屋の軒先につるすものです。

新酒の時期が、今かどうか?ですが、例のごとく、気分気分さ。普通じゃおもろないし。

後記:本当は、羊かんを作るつもりだったが、水羊羹と羊かんの中間になりました。

砂糖の追加は、無し。小豆缶の甘さのみ。緑白玉のお茶の味が、甘さを引き立てた。と思う。

| | コメント (2)

2007/10/11

お知らせ

嘉穂高校吹奏楽部 関係のお知らせです。

全国大会出場を記念して、演奏会が、行われます。( 大会から帰省後 )

日時  10/25日(木)  PM6:30(開場)  PM7:00(開演)

場所  コスモスコモンにて

無料ですが、入場整理券が、必要となります。コスモスコモン事務局・嘉穂高校事務室にて配布中

また、記念のクオカード¥500券(¥1000)の発売もしております。売上金は、

全国大会出場の資金に当てられます。(購入は、嘉穂高校事務室にお問い合わせ下さい)

入場者数が、限られており、整理券がないと入れません。また、満席の場合

入場制限をされる場合がありますので、ご注意下さい。

当日は 前顧問、竹森先生の指揮、尾木先生の指揮もあります。

楽しみです。

| | コメント (4)

2007/10/10

気になる物(2)

連続です。真福寺の階段を上っていくと境内が

ありました。少し高台なので、周りの風景を(画像不明)

眺めて階段を下りてくるときに

昨日の路地を写してます。画像の奥が商店街です。

タテの格子があるところが、昨日の喫茶店です。

そして、階段を下りる時に 

ああっと思ったのが

右の画像なんやこれ?  異様な剪定、(画像不明)

植木屋さんの芸術性か、お寺さんの希望なのか・・・

殿サンのちょんまげのようです。

青空に映えた緑が、目を引きました。

| | コメント (4)

2007/10/09

気になる物(1)

今日から新しい題目を入れてみました。

私が、気になる物や気に入った物に出会ったら 載せていきたいと思います。

但し、私のことですから、それについての詳しい説明は、たぶん出来ません。

私の思うまま、気ままで私の主観を書きますので、ご意見もあろうかと存じますが、

間違っていたら、ご指摘お願いします。

(画像不明) 本町から路地に入るところに
こんなもの発見

道案内でしょうか。道巾、1M程。
この道をたどっていくと

下のお寺の入り口になっています

(画像不明) 結構、古く、由緒あるお寺かもしれません。

何分、信仰心がない、眼に見えないものを
信じないものでから、神仏に関しては、
まったくわかりません。

(画像不明) この参道にとてもおしゃれな喫茶店が
ありましたが、開店前だったので、
入っておりません。

参道より気になるお店でした。

一度いってみないといけませんね。

| | コメント (6)

2007/10/08

お知らせ

昨日、開催予定の灯明フェスタは、天候不良のため、10/14日(日)に延期になりました。

| | コメント (2)

2007/10/06

今帰りました

たった今、嘉穂高校の吹奏楽部定期演奏会から帰ってきました。

いやー、今年もよかったです。10/21日の全国大会出場ということもありますね。

私の主観で言いますが、

2部・3部は、コンクールの予行練習としての課題曲と自由曲と過去のコンクール曲と
蘇州夜曲(しみじみしました)でした。

壮大なスケールと迫力ある演奏でございました。(素人なので詳しいコメントは、出来ません)

素人の私としましては、1部最高ーやった!(吹奏楽部の1年というテーマで)

1.ミスサイゴンは、知ってる。よそでもよく演奏されている

2.嘉穂のおなじみ炭坑節(正調炭坑節~ロック調へ)歌・踊りアリ

3.上を向いて歩こう(アカペラ)コーラス部かと思うくらいうまい。

4.クリスマスソングメドレー    ハンドベルの演奏があったし、演奏もいい感じ。

5.NHKドラマ 「さくら」のテーマ曲 初めて聴いた

6.TVドラマ 「ウォーターボーイズ」のテーマ曲 シンクロチャチャチャ♪の手拍子に合わせて

  男子部員が、海パンで プールサイドでのダンスを披露。 一番の盛り上がり
  観客も一体になって手拍子。

7.ディスコミュージックメドレー (知ってる曲でノリノリ、スイング)

3部が、終わってアンコールでは、ピンクレディメドレー(ダンス有)、とコンクール後引退する3年生の

各パートのソロ演奏、顧問の先生のサックス演奏で映画「追憶」のテーマ曲

              (さすがと思わせる演奏を聞かせてくれました)

そして、最後の嘉穂応援団によるコンクールへのエールと

吹奏楽演奏により校歌斉唱で幕が、下りました。

今年は、12年ぶりに全国大会に出場とあって、この演奏を聴かずにどうする?と思った。

全国大会を目前にして、他の曲の練習やダンスまでこなし、観客を楽しませてくれた

部員の皆さんに心より拍手と感謝を贈りたいです。気負わずに今日のように

快く楽しんで演奏していらっしゃい。ちゃんと募金もしたケンね。

全部の曲を聴いて、まるでね、私一人のために演奏としてくれているような気持ちに

なりました。私は、快くって、とってもぜいたくな時間を過ごしました。(終演より30分超え◎)

今年は、言おう、来年、嘉穂OBは、定演に来い!。

但し、校歌3番まで覚えること。最後に校歌斉唱せないかんとヨ

__________________________________________________________________
朗報  嘉穂高校34回期HPに(福岡県立嘉穂高等学校34回生同期会で検索)            
          校歌・第一応援歌の歌詞が、豪華 吹奏楽部の演奏付きでみることが出来ます。
          (バックに懐かしい写真つき) ※ 34回期HPの左側 項目の下の方にある。
      練習されたし。                                                                                                       

     

| | コメント (6)

灯明フェスタ

なかなか、筆(いやキー)が、進まなくて (^^);;、何か行事がないかと言う所に

いい物件が見つかりました。

いいづか灯明フェスタです。

地域や他のボランティアの協力で 2万という数の灯明(キャンドル)で 絵柄を描き

遠賀川を身近に感じようという催しです。

10月7日(日)     17:30 灯明点火

              20:30 灯明消灯   小雨決行( 延期の場合は10/14日(日)) 

場所は、コスモスコモン前広場 (駐車場に限りがありますのでバス・JRをご利用下さい) 

     < 注意 > 河川敷ではありませんので、お間違いのないように!  

電球にはない、キャンドルの炎のゆらぎは、人の心を癒してくれるものです。

去年は、行きました。今年はどんな絵柄が、見られるのでしょうか?

| | コメント (2)

2007/10/02

速報

速報! 本日10/2日 PM4:00~

今日の「 たかじんの胸いっぱい」 面白いバイ

たかじん 得意の週刊誌ネタ、 TV番組欄より  浜崎あゆみの本音と女心

                              マツケンと大地の意地

昼寝や夕飯の準備している場合ではないですぞ。

残念ですが、実際の関西のTV放映より 10日遅れ(2ヶ月遅れでした)なのでちょっとネタ的に新鮮さに

欠けますが、たかじんの鋭い斬り口に世の中に対する不満も解消できるのでは、ないでしょうか?

後期:いやー笑いました。前半で 差し棒3本折りましたよ。2ヶ月遅れが、かえって

   納得できる内容でした。こちらの方が、たかじんのトーク・本音が聞けそうです。

| | コメント (4)

移り香

朝、少しだけ仕事をしてたら、私の大好きだった香りが、鼻をかすめる。
何度も香りを確かめる。でも今日は、アロマはしていないのに。。。

そして、この香りは、いろいろ試してどうしても作れなかった香りでした。
昔、私が、伺っていたアロマセラピストさんのお宅に行くといつも香っていたものと同じ香り。
ある時セラピストさんに聞いたんです。「 この香りのブレンドを教えていただけませんか 」と
彼女は、「今日は、香りは焚いていないのですよ。たぶん、長い間、いろんな香りを焚いてきて、壁に香りが、移ったんだと思います」という答えが、返ってきた。

そして、私も 2・3年香りを焚いてみて、やっとこの香りが、壁に移ったんだと
思いました。

○と△と×をブレンドしたら、出来るものではなく、10から20種類の精油が
あるものは消え、あるものは残り、自然に出来たなんともいえない いい香りです。
優しく、穏やかで でもはっきりとこれだとわかる香り。どんな香水より私が好きな香りです。

私の先生とも思っているセラピストさんと同じ香りが、醸し出されてやっとセラピストの
仲間に入れたカナと嬉しい気がしました。

| | コメント (4)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »