« モミジ日記 | トップページ | 吹奏楽コンクール »

2007/10/21

魯山人風

先日、田川美術館へ魯山人展を観に行って来ました。超一流の料理人でありながら、
陶芸家、書家、画家、漆器作家、料亭の設計までこなし、今で言うマルチな才能を
発揮し、認められた芸術家でしょう。芸術家ゆえの苦難にもあったようです。

庶民には、到底 彼の料理も彼の弟子の料理も味わうことは出来ませんが、
彼の残した品々を目にすることが出来ました。

その会場で、魯山人が、作ったレシピを現在の料理人が、作った写真が
展示してありました。普段私たちが、使っている食材(大根、人参、ゴボウなど)が
高級な一品に見えるような料理に生まれ変わっていました。

これは、魯山人作の器に載せているだけでは 
ないように思う。(画像不明)

右は、展示料理写真のジャガイモと小松菜のポタージュを
見て、私が、作ったポタージュで、もちろん失敗作です。

実際は、小松菜を裏ごししてグリーンのきれいなものでした。

私のは、裏ごしはしておりませんので、小松菜のさいの目切り
状で、まったく別物となってしまいました。

魯山人のポタージュを食したわけではありませんが、私のポタージュも
私なりにおいしく食べました。

最近料理と呼べる作業をしていないので、少しやってみるとオーみたいな気分です。

魯山人が、存命なら今の日本人の食生活をなんと嘆くだろうか・・・・

全部、冷凍食品のような料理屋さんもあるようなこの時代を

|

« モミジ日記 | トップページ | 吹奏楽コンクール »

コメント

おはようございます。
レシピがあっても
実際に作ってみようという人は
そんなにいないと思う。
えらい!!!
多少アレンジしても
音楽だって編曲があるし。。。。
そもそもポタージュは どうやって作るの?

投稿: momomama | 2007/10/22 06:56

>momomamaサン、正式なレシピは、チャンとありますが、
私の場合、ナンちゃって で作りましたので、適当です。

ジャガイモをタテ半分に切りラップして電子レンジに3~5分かけ(硬ければ数分追加)、
皮をむき、コンソメスープ(水1Cに固形コンソメ1個)で煮る。
小松菜をゆでて刻む。
煮たジャガイモ(残りのコンソメを濃度を見ながら)と小松菜を
少し冷めてからミキサーにかけ、牛乳を加える。

【 ジャガイモ中2個 小松菜4把位を目安 】ジャガイモ4個は多すぎました。私の場合
水分が少ないとミキサーが回りませんご注意を
これを鍋に移し、ひと煮立ちさせる。ミキサーがない時は、鍋でつぶして下さい。

本当は、ゆでた小松菜を裏ごししてミキサーに入れるほうが、ベストです。
あれば、最後の仕上げに生クリームを入れると滑らかになります。

私の場合、味付けは、コンソメのみですから、塩コショウでお好みの味に調整して下さい。
もっと簡単なら、ジャガイモの代わりに、マッシュポテトを使うのです。

投稿: ならやま | 2007/10/22 09:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モミジ日記 | トップページ | 吹奏楽コンクール »