« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008/10/28

探し物

日曜日の夜、「みゅーじん」と言う音楽番組で
石川鷹彦サン(70年代フォークを支えたギタリスト)の特集を見た。
65歳の現在もいろんな歌手のバックギタリストとして活躍されている。
彼個人のソロライブもされているみたいで、懐かしいフォークなどが
聴けるみたいでです。神田川・22歳の別れなどのギターは彼の手によるものでした。
そのライブの中で演奏されている曲に私は、ハッとした。

「 anji 」と言う曲。私が30年間探していたまさにその曲だった。30年前に
一度ラジオから流れていた曲が、心を震わせその曲と曲名だけで誰の曲かも
判らず、探すあてもなくそのまま過ぎていった。紛れもなくその曲。

彼のアルバムを探したら、その曲が組み込まれていた。1曲だけが聴きたいだけ
なのに他の曲が必要な訳でない。彼の演奏の素晴らしさなら買う価値もあるけれど
誰の曲で、どこにあるのかわかっただけでも善しとしよう。

今でも耳に残っていて、頭の中で響いています。notes

| | コメント (3)

2008/10/26

ごほうび

昨日、また¥100shopに行かねばならないのっぴきならない用事があり、
遠く、田川まで足を伸ばした。

¥100SHOPなら近くでもあろうとお思いでしょうが、さにあらず、
ココになくてもあちらにはあるという、なかなか一筋縄ではいかないのが
ダイソーのシステムです。あちこち、走らせてくれますよ。

田川まで行って正解。探していたものは、見つかった。

田川まで足を伸ばすのは 予てより一度食してみたかった
たい焼きも買いたかったので・・・

Photo こちら「天下のたい焼き」というチェーン店 
田川店の場所は、地図で調べたら
¥100SHOPのすぐ近くだった。

飯塚から田川に向かって201号線沿いを
直進、川宮病院の向かいにあります。
たい焼きにしてはチョット高く¥150
小豆餡・白餡・クリーム餡の3種
小豆餡・白餡を買う。

このお店、福岡が発祥だそうで
全国展開を予定しているのでしょうか。

噂通り、頭の先から尻尾の先まで餡がたっぷり入っています。

Img_2808_2 小豆餡は、甘さ控えめで白玉?が
入っていたか?(記憶がうつろ)
甘さは、微妙です。個人の好みも
あるが、あまり甘いとこの餡の
量だとしつこくなりそう。

白餡はおいしかった。小豆より
チョット甘い。
皮はカリッとしているが、厚くなく
これ以上薄く出来ないだろうと言うくらい薄い。
冷めるとこれがもちっとした食感になる。

買って8時間後に食べたが、冷めてもおいしい。場所によるが、並んでいるらしい。
こういうお店って口コミで広がるんでしょうね。お土産でもらうと嬉しいかも。

| | コメント (4)

2008/10/25

嘉高吹奏楽部記念演奏会

ただ今、嘉高吹奏楽記念演奏会より戻りました。Img_2810
今日は、1.2時間並びました。
少し早いから会場横にある図書館で本でも
借りようかと思ったが、様子を見てからと
会場に行くともう行列が出来てる。図書館に
行ってる場合でない。
一部 竹森先生指揮による楽友会の演奏。

先生は、現役と変らないようにはつらつとして
    実に楽しそうに指揮をされていた。

   吹奏楽部OB宮田氏による楽友会の演奏。
   宮田氏は、チョット緊張気味に見えた。

二部 コンクール課題曲・自由曲

    顧問伏見先生のたっての希望で昨年の課題曲
 「ブルースカイ」きっと思い入れがおありだったのでしょう

NHK連続TV 「瞳」のメインテーマ曲

三部 ラフマニノフの交響曲第1番 第4楽章難しそうな曲だった。
    フィンガー5メドレー、吹奏楽のための組曲「竹取物語」 NHK高校放送コンテスト
    第1位を受賞された3年生 末長サンのナレーションがありました。

アンコール曲 サウンド オブ サイレンス・エーデルワイス(ハンドベル演奏)

         アカペラで 「ハレルヤ」でしょうか?

引退する3年生ひとりひとりの挨拶。
コンクールも終り、気負うことなく、生き生き演奏していたように思った。
審査がされないというプレッシャーがない分、硬さが取れてこれが本来の演奏なんだと
言わしめる素晴らしい演奏で、先生も生徒も吹奏楽は、楽しいものなんだと
実感した時だと思います。

3年生が揃って先生にお礼を行った後、応援団登場。出た!

コンクールの栄誉を讃えるエールを送り、校歌斉唱。よっしゃ、一緒に歌うで。

先日のバスで出合った高下駄の君は、団長でした。

熱い目頭を冷やすのに丁度よい ひんやりした風をきって、帰ってきました。

| | コメント (4)

2008/10/22

今日も待てか

1ヶ月前に受けた仕事を昨日やっと提出となりました。
別件が、まだ調整中(相手が)なので、今日も待ての状態です。
いつものように、気を利かして進めておくと また変更になるのが
辛いので、ホンチャンになるまで待ちます。

それでチョット遊んでみました。

Img_2798 2年前の月シリーズでも貼りましたが
今日は、種明かしを致しましょう。

最近、こういう透かし彫りした
焼き物の照明が流行っています。
私のすることですから、
焼き物ではありません。

素材は、進物で頂いた
海苔の瓶に、紙を模様に切って
瓶に貼り、黒の塗料を塗った訳です。

塗料が完全に乾いてから水につけて紙をふやかして外します。

丁寧に外さないと
模様以外のところも塗料が取れてしまいます。

瓶のふた部分は、ねじ式で明らかに海苔の瓶って感じになるので、
黒の紙粘土で覆ってます。

模様が、飽きたら塗料をはがし(手間がかかるかもしれませんが)
違う模様に変えることも出来ます。

中のライトは、¥100shopのボタン式ライト→ Img_2803_2

きれいな影が出てくれるので
けっこう重宝してます。

買うほうが安い。
と言う声もチラホラ・・・
年寄りのボケ防止でござんす。

| | コメント (5)

2008/10/19

少し元気に

昨日お知らせした、「私のラブソング、飯塚」を見に行ってきました

Img_2770 上映時間より早く席に着いたら
近くに座っている方から話しかけ
られ、旧知の仲のような気さくな
会話が出来るような雰囲気だった。
この映画は、嘉高のOB同期会
のHPで知りました。
先月は、このHPで今回の
予告的動画が映されていて、
今日のプレ映像にも
なっていました。

これだけでも目頭が熱くなるような
懐かしい風景や思い出の場面が
流れる。

本編は、4月の樽屋町火災に
関わった人たちの姿やその時の
思いこれからの生き様を
ケレンみなく描かれ、
見る人全てを優しく元気にして
くれるそんな映画でした。

映画のendロールが、流れると同時に会場に拍手の輪が広がっていきました。
映画の出演者でもある歌手の下田逸郎サンのセレナーデのような
優しい曲が流れ、とても心地良く癒される気がしました。
下田さんは、70年代フォーク全盛の頃、拓郎や泉谷さんが、叫ぶような
メッセージソングを歌っていた時にも優しいメロディの曲を歌っておられました。

その下田さんが、筑穂の馬敷に居を構えられて曲作りをされているとのこと
下田さんのメロディーに この地が、ふさわしかったのでしょう。

終わってもまっすぐ帰るのも もったいない気がして、チョット 大人の寄り道を
して、ビールでも飲んで帰ろうかと 知人の娘さんのお店に行ったけど
あいにく休み。仕方なく、バス停まで戻る。その途中、

Img_27641 これを発見しました。
閉鎖されていた柔道場
滴水舘新築工事現場。
館長のご長男さんの
ご希望で建替えて
再建をという目前
お亡くなりになり
ご家族の意向により
この再建が
叶ったのでしょう。

このあたりの新しい息吹となって青少年の精神修養の
場所として、ご活躍されますよう願っております。

皆さん、あのような災難に遭いながら、前向きにひたすらに生きようとされている姿を
見て今日は少し そうですね、半年ほど寿命が 戻りましたよ。

自分を癒すのは、自分なんだと。自分で何とかしないといけないんだと思う。

| | コメント (4)

2008/10/18

ぷらぷら

野暮用があり、実家から家まで徒歩で帰ることになった。
駅通りから土手に上がって、川沿いにと思ったが、河川敷に降りて
芝生の上を歩きたくなった。
そういえば先日、芝生を刈っていたので河川敷は、歩きやすかったが
土手から降りる斜面は、雑草の刈り残しか野放しかわからないような感じ。

天気もよし、芝生の香りもよし、ずんずん歩く。そうだflair飯塚セントラルに
確認しに行くことがあったのだ。
潜り橋を渡っていく。子供が釣りをしていた。川を見ると無数の小魚がいたので
「あれは、はぜ?」と聞くと 彼が「ドンポです」という。ドンポって昔聞いた事が
あるけど、種は知らない。今でもドンポっていうんだね。

土手を上がって吉原町に出る。昼間からのカラオケ三昧が、通りまで聞こえる。
夜は、聞こえたことないのに。あいにくセントラルは、改装中で関係者に
出会えなかった。

バスで近くまで乗っていくことにする。
飯塚病院で止まって、母校の学生がひとり乗ってきた。ガラゴロと音を立てて。
何かと振り向くと、坊主頭に 破れた制帽をかぶり、素足に高下駄。
応援団、たぶん団長やー。 私らの頃は、応援団長といえば、
笑ってる生徒も顔が引きつると言うくらい、怖い存在だった。
学生時分は、応援指導がイヤだったけれど、今でも応援指導が引き継がれて
いるのは、いいんじゃないのと思う。(二度と受けることないからね)

応援団長の写真を撮りたかったけど、声掛けるのやっぱり、怖いし。
おとなしく帰ってきた。

プラプラした一日でした。

追記 : 忘れちょったです。

「私のラブソング、飯塚」という上映会が19日 飯塚セントラルで催されます。

午後 7時開場 第1回目上映 7:30

          第2回目上映 8:30 (上映時間は、30分) 入場:無料

駐車場はありませんので、近くの有料駐車場かバス等をご利用下さい。

この上映会の掲載については、監督の瓜生さんの許可を受け、また
快く了解して頂きましたこと心より感謝申し上げます。

| | コメント (10)

2008/10/16

砂浜出現

Img_2755 ついこの間まで
なかったのに、
どこの海岸かと思う
ような砂浜が出現した。
橋の架け替えに伴い
周辺の河川敷改修を
行い、川岸に石組み
したのが、完全に砂に
飲み込まれた。
ここの上流も河川敷の
改修をしているので
そこの砂が流失したのだろうか。

そしてその砂と共に雑草の種も当然入っているわけで、きっと何も手入れしなければ
整備工事前の雑草群に戻ってしまうでしょう。

これは設計通りとか想定済みとか言うなよ。
穂波川側の河川敷は、すでに雑草に覆われ始め、せっかくの芝生が、哀れに見える。
上の画像は、嘉麻川の河川敷です。
お上が天下るための河川敷整備会社のようなものを作って、受け入れ
先を確保するために芝生貼りにしたんじゃないかと勘ぐりたくもなる。
作ったのなら、早く整備せんかいな。

工事が始まる頃、言ったけど、元のお悔やみ(木阿弥)にならんごとって、
元のお悔やみになり始めている、2年したら、元通りになるで。

親子3代橋渡り初めもいいけど
雑草とらんとね、いくら花植えても雑草に占領されてしまうがな。

こんなことで鬱憤を晴らしております。

| | コメント (2)

2008/10/15

今日は

sun 今日は、PM 8時ごろの更新変更です。よろしく。

チョット遅くなりました。記事が間に合わないので 別バージョンで、今日のイチオシ

Img_2759 飯塚と福岡を
(正確には
   粕屋郡)
隔てる屏風の
ようにそびえる
龍王山です。

建物が
すっぽり
山の陰に隠れ
龍王の名に
ふさわしい
シルエットに
なりました。

夕焼けは実際とは若干違って居りますが
上の出来の方が、格段よいようです。今日は、画像補正はしておりません。

空気が乾いて澄んでいるので、夕日も一段ときれいに見えます。

追記 : パソコンからご覧の方は、立ち上がって画像を見下ろすように見ると
シルエットに隠れた建物が見えます。右から2つ目の建物が郵便局です。

| | コメント (2)

2008/10/14

心の浄化(2)

昨日は本当に清々しくて心晴れ晴れする1日でしたね。
昨日の続きです。遠賀郡芦屋   

3

この浜のすぐそばにあるロイヤルラウンドというレストラン(momomamaサンに教えて頂きました)

2_3客船のデッキ風な
レストランでのひと時は、
まるで長い船旅をして
いるような錯覚になります。

青い海・空・潮騒の音
全てが心地良く、このまま
動き出してくれまいかと
思ったり、波の音と
引き潮が汐の香りが
心のかげりを
海の中に波とともに
引き込んでくれそうです。

海から発生した生物の子孫である私達の体内に生理食塩水が満たされているのは
            1_2                 
海に生息していたその時の
名残と聞いた事がある。

海に癒されるのは、波音や
波のゆれが、母親の胎内にいた
時の血流音や羊水の動きに
似ているのかもしれない。

ココを出て、すぐ下にある
砂浜を歩いてみました。

とてもきめの細かい
さらさらした砂でした。
砂にラブレターなんて
書いてませんよ。

Photo_2 砂浜で、グリーンの珍しいもの
見つけました。

ウニの残骸でしょうか?
ボタンみたいで面白い。

青と透明なのは、
瓶のかけら
なんでもないのに
拾ってしまう

青に白い縁のは、器のかけら
どこかかわいい。
自然に出来たのものだから。

これで寿命は、1年復活したか?

昨日は、心地良い疲れもあって、熟睡しました。 sleepy

| | コメント (2)

2008/10/13

心の浄化へ

今朝、momomamaサンのブログ拝見したら、居ても立ってもいられず出かけました。
momomamaサンのご都合が良ければお茶でもと連絡したら、遠出とのことで
独り一直線、いや例の如く、あみだくじ走行で(行き帰り共、ワチャー)芦屋へ。

今日のmomomamaサンのブログで見た芦屋釜の里へ。茶道の釜は、この芦屋釜が
昔は良く使われていたそうです。茶道をしていたのに知識のなさに恥ずかしく思う。

Img_2753_2

展示品や資料を見て、お抹茶を頂き、
庭園を散策する

Img_2716_2 青い空がとってもきれい

Img_2722 大寺院の庭園のようです。

Img_2724_2 ←茶室です。

お茶会が催されることもある。

平安時代の貴族のお屋敷を
想像しました。

芦屋釜の里からすぐのところにあるImg_2728_2
芦屋民族歴史資料館へ向かう。

芦屋出身の画家、多賀谷伊徳画伯の
絵画展です。

海岸近くの出身だからでしょうか、Img_2726_2
青い色使いが、印象的です。

この青色を見て、海を見ないで帰る
わけにはいきません。海へGO!

明日に続きますが、深みのない話で
誠に申し訳ございません。

| | コメント (2)

2008/10/12

疲労day

今日は荒れとります。朝からカチンと来る事があり、

3時間半でブラックコーヒーを5杯飲みました。自ら胃を痛めます。

今日、私の寿命は、5年縮んだわ。

世の中きれいごとだけでは、済まんのやね。

本音を書くだけの根性は、今はまだないのです。

愚痴っぽくて、スミマセン。sad

| | コメント (5)

2008/10/11

十三夜

Photo_2  

十三夜の月です。旧暦の9月13日の月のことを特別に十三夜と呼ぶようです

   仲秋の名月の次に美しいと言うこの月

     卵型で、はかなげでと勝手に思うのでした

       今日も月見て1杯か。wine

| | コメント (2)

2008/10/08

初酒

7月にホワイトリカーに漬け込んだ3ヶ月物のローズヒップ酒が出来上がりました。

Img_2691 私は、基本的に焼酎は
飲まないのですが、
自分で作った手前飲まない
訳には行きません。
たぶん私が独りで飲み干すことに
なるのですが・・・

← は原液なので飲めません

Img_2697 1:1で炭酸割を一口飲んだら
チョットきつかったので

1:2ぐらいにしました。
3口飲んで足がジンジンし始め
顔が熱い。
ほんわかいい気分です。

お味は、そうですね。ワインより甘く渋みもなく飲みやすいですが、
このグラス1杯が非常によい量だと思います。

原液は、350ccのペットボトルの7分目ぐらい出来ましたので
ちびりちびり秋の夜長を楽しみながら飲んでみたいと思います。

まだ、スモモ酒もあるんですよ。1年ぐらい寝かした方がいいみたいなので
気長な楽しみと致しましょう。

| | コメント (2)

2008/10/07

持つべきは友

昨日は、落ち込むことがあって、s夫人に電話した。忙しいにも関わらず、
親身になって力づけて慰めてくれた。いつも申し訳ないほど世話になってる。
力になれずに居るのがもどかしいが、彼女は、自分で解決策を見つけ、
行動し山を乗り越えてきた人だから、私への言葉も的を得て確かに納得し
前向きにさせられる。どんなありがたい教えよりも きっと私にはプラスになっている。

その電話の後、大学時代の友人、k隊長(女子)からとてつもなく元気な声で
話が始まる。私が、k隊長というくらい、元気はつらつで、りポビ○ンDを主食に
しているのではないかと思うほどだ。特に用事でないが、年に1度「どうしてる?」と
電話がある。今日はタイミングよく彼女の声からも元気をもらった気がする。

彼女にも悩み、苦労もあっただろうが、そんなことを物ともしない力強さバイタリティを持ち
苦しみや災難が逃げ出してしまうそんな気迫を持っている人だ。

昨日は、s夫人に背中を優しくさすってもらい、k隊長にビシバシたたかれ
私の心の奥に潜む悪霊は、追い出されてしまったようだ。

持つべきは、素晴らしき友である。

これからも世話になりますが、よろしく。

leftright leftright leftright leftright leftright leftright leftright leftright

菰中8回サンのご指摘で、カウンターの数値が、どうもおかしかったようです。
ココログ内のカウンターでは、普段と変らない
数値だったので、気がつきませんでした。

気分転換ついでに カウンターも替えて、たぶんこれが正しいだろうと言う
数値で設定いたしました。1日に700は、いくらなんでもおかしい数字でしたね。

| | コメント (8)

2008/10/05

嘉穂高校定期演奏会

昨日、嘉穂高校の吹奏楽部定期演奏会に行ってきました。

お待たせしました。Img_2689_2

昨日は、開演前1.5時間待ち
何でか、1時間開場時間を
間違えたのです。しかし
それでも、いつもより後ろでした。

やはり人気の高さでしょうか。
何も用意しなくて(本とか)
ただ1.5時間を費やすのは
さすがにしんどかった。
学生ならすわり込んじゃうのですが。

一応大人ですから、直立でひとりで誰とも会話することもなく・・・シンドイ。
ようやく、開場し、

Opening。ダンス・セレブレーション
一部 Shall we sing 嘉穂高 十八番の炭坑節(正調~ロック調へ)

松浦あややメドレー (男子部員全員によるダンス)大うけでした。
サウンド オブ ミュージックメドレー 
フィンガー・ファイフメドレー (男女入れ変えの制服でダンス)これも うけました。
ハンドベル・コーラス(ハレルヤ・エーデルワイス)
ひまわりの演奏

二部 コンクール課題曲(晴天の風)と自由曲(アルプス交響曲)

吹奏楽コンクール筑豊地区予選から全国高校文化祭出場記念演奏会・昨日と
聴いてきて段々と自分達のものにしていく過程を見せてもらいました。
最初に比べて、荒削りなところが取れ、情景が浮かび、伸びやかで音を大切に
演奏しているようでした。
自由曲が、ほんとによかった。音楽を聴いていながら映像を
見ているような錯覚を持ったほどです。

三部 篤姫のテーマ曲・「メインストリート」 崖の上のポニョ

Final イーストコーストの風景より

アンコール曲生徒の指揮で顧問先生のサックスをメインに Song for you

コンクール後引退する3年生のソロ演奏をメインに We are the world

これで終りかと思ったら、応援団登場。コンクールの健闘を祈願して応援のエール
が始まるが早いか、座っていた在校生が一斉に立ち上がったのは
条件反射だったのか??いいね。
そして、校歌斉唱。これがないと終われないのでした。

コンクールが終わった翌週は、出場記念演奏会が行われます。

もちろん出向く。チケットも、もう、買ったし。

コンクールも終わって息つく暇もないと思いますが、もうその時は、生徒さん全員が
楽しんじゃって、緊張をほぐしてのびのびと演奏されますことを心より願っております。

部員の皆さん、もうひと頑張りね。ご健闘を祈っております。

 

| | コメント (2)

2008/10/04

二日食い

昨日は、1日遊び呆けていました。ストレス解消のために食べ放題ね。

食って食ってしゃべってしゃべって、食って食って、しゃべる。
だべると言う造語がありました。 だべるだべる。

お腹一杯になると眠くなる。美味しいものを食べると満腹中枢が指令を出して
幸福感をもたらす。すべてのことに満たされ安眠へと導くのかな?

オシャベリをしていたので眠くはならなかったが、昨日1日だけは、何も考えないで
過ごせた。

食べすぎは否めないけど、つい食べ放題だといろんな種類があって、少しづつ
皿に盛り、全種類食べる勢いだったが、それはなかった。

何でか、私のチョイスの基本、自分で作れるものは選ばない。自分で作れないもの
珍しいもの普段食べないものを選ぶんです。煮物以外は、すべてかも・・・。

和洋中様々あって2時間滞在したが、制限ナシが嬉しい。
しかしながら、普段の胃袋の許容量の
2倍は、貯蔵されたのか、食べすぎたようです。

今日は、胃もたれか二日酔いならぬ二日食いと言ってもよいような状態。
だるくてシャキンとしません。今日は、朝・昼食いらんね。

まだ夢の中にいるような感じです。

| | コメント (11)

2008/10/02

何にしようか

心のわだかまりは、誰かに話すと気が晴れました。
お互いの心の奥に潜む悪しきことは、吐き出さないと辛いばかりです。
物事が解決する訳ではありませんが、少しだけ肩の力が緩みました。

そして、以前からほしいと思っていたこれを頂き、なおさら機嫌よくなったのです。

Img_2687 角火鉢です。27cm角
この大きさが丁度
欲しかった

材質はけやき?かな。
何に使うのと友人は
問いましたが、
手当り火鉢に使うか?
炭は、今 家にある。

中に電球を入れて
照明にしようか
植木鉢を置こうか考え中です。

欲しいものが手に入るとほんとに嬉しいもの。

毎日、磨いてあめ色になるまで磨いて、大事に使うバイ。深く感謝します。

さ、今からせっせと磨こうか。では、ごきげんよう。

| | コメント (4)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »