« お断わり | トップページ | 小休止 »

2008/11/13

心の古里

悲しことがあると~notes と言う曲(ハイファイセットの卒業写真より)

開くアルバムから私の心の古里の画像です。以前住んでいた奈良の
団地のベランダ前にある広場です。

12月の風の強い夜が明けて、穏かになった朝、窓を開けると
広場一面に紅葉したカエデが敷き詰められたかのように覆っていて、
ここに住んでよかったと思ったのでした。

Img_2833 1日で、木々の
紅葉した
葉っぱは
ほとんど全て
落ちて
しまいました。
それほど強い風
だったにも
関わらず、

地面の落ち葉は
雪のように
静かに積もっていました。

この写真を見ると心の平安を取り戻せそうな気がします

いろいろな、紅葉のお庭を見ましたが、
これほどステキな情景は他にはありませんでした。Img_2827_2 Img_2826 

|

« お断わり | トップページ | 小休止 »

コメント

素晴らしき自然の絨毯ですね。
ずいぶん前、銀杏の葉が敷き詰められた神社に行ったとき、この景色のすばらしさに、心底感激した記憶がよみがえりました。

・・・当時、小学生でした。

秋の紅葉、銀杏の木を見るたびに、あの当時のことを思い出します。

もう、息子がその時の私の年齢になりました・・・。

投稿: りあら | 2008/11/13 22:27

おはようございます。
心に残っている光景。。
写真に撮っていたのはよかったですね。

妹の還暦で 東北旅行に行ってきました。
妹が 将来 私と観た景色を
ならやまさんのように思い出してくれたらなー
・・・そう思います。。


投稿: momomama | 2008/11/14 05:55

maple りあらサン、おはようサンです。
心に残る情景と言うのは、いつまでも感動を忘れないものですね。

今朝、朝日が昇る関の山を撮ってきました。
そのうち UP するかもね。。。sun

投稿: ならやま | 2008/11/14 08:27

maple airplane ご旅行きっと楽しかったでしょうね。
<あの時、姉さんが、あんたが、どうだこうだ>と 話に花が咲くのが
目に見えるようです。

落ち葉の写真は、フイルムはなくなって、写真をデジカメで
撮りましたので、ぼやけております。
これで永遠に残るですね。

この近くに住んでいる知人によると 防犯上、見通しをよくするために
かなり、木々の伐採が進んでしまったと嘆いておりました。

投稿: ならやま | 2008/11/14 08:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お断わり | トップページ | 小休止 »