« あっという間に | トップページ | 火鉢de焼いも »

2008/12/02

火入れ

朝夕めっきり冷え込んできました。でもまだストーブは使っていません。
(コタツは、使ってます)
先日、お披露目の手あぶり火鉢の炭入れをしたのです。
お湯を沸かす時についでに炭に火をつけたのですが、炭がしけっているのか
2回くらい付け直しです。

ストーブのように部屋全体を暖めるほどの火力はないのですが、ポワーンと暖かい。

炭の香りを楽しみながら、昔、じいちゃんが火鉢の炭の守をしていたのを思い出しました。
火が消えないように炭を入れ替えたり足したり・・・。なんかコツがあったのでしょね。

私ではうまいこと炭がおこりません。
昔は、これくらいの暖房で過ごしていたのかと辛抱強さに驚きます。

Img_2861 これでお餅が焼けるといいな。

それには、炭の守を習得しなければ
ですね。

習得した頃、春が来る。たぶん。

|

« あっという間に | トップページ | 火鉢de焼いも »

コメント

ほのかに赤い火が見えます。
なかなかいいね。

そういえばお茶で
夜ばなし ってあった時
小さなてあぶり(陶器)があった。。

気持ちがあったかくなったでしょう。。

投稿: momomama | 2008/12/02 11:55

(炭のつもり)momomamaサン、こんにちわ
何とかやってみればできるもので、お湯が沸かせました
(1時間かかりましたが。。。)
けっこう暖かくなります。
コツは、大きな炭をバーンと使うこと。
小さい炭では、火が移る前に灰になってしまう。
さてさて、燃料費は、どちらが経済的でしょうか。
炭と灯油では・・・。

投稿: ならやま | 2008/12/02 12:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あっという間に | トップページ | 火鉢de焼いも »