« 菰田中練習試合 | トップページ | たわごと? »

2010/11/06

第二ラウンド

いつぞや、私の深夜の楽しみを書いていた
きたやまおさむサンのFM NHKの「レクチャー&ミュージック」の
ライブ版というか。その名も「レクチャー&ミュージック」のタイトルで
コンサートが、嘉穂劇場であり行って来ました。

Img_5665_2 きたやまおさむサンときたやまさんの
音楽に共感して
デゴマルシャドウズというバンドと
ジョイントされたのです。

北九州をメインに活動されている
らしく私は、正直知りえなかったのです。

で、彼らの演奏も彼らのオリジナル曲を
演奏されるのかと思っていたのですが
ほとんど北山さんの曲で
1970年代に引き戻されたような
青春時代にタイムスリップしたような
ライブでした。

1・3部は、歌があり、2部は
きたやまさんへの質問。

亡き加藤和彦さんへの思い、悲しみなどが
語られた。苦しみは大きかったようだが
このデゴマルシャドウズに出会って、気持ちの切り替えが、生まれてきたと話された。

演奏曲目は

風(シューベルツ)・孤独のマラソンランナー(ナターシャセブン)・水虫の歌(ズートルビ)

感謝・一枚の絵・さらば恋人(堺マサアキ)ピンクの戦車(きたやま氏?)・

ヤンガラデイズ(デゴマルシャドウズ)・以下きたやま氏の歌 三つの箱・夜明けの海

いのりプレイヤー・旅人の時代・

イムジン川(フォーククルセイダーズ)・コブのないラクダ(フォーククルセイダーズ)

帰ってきたヨッパライ(フォーククルセイダーズ)

早く逝こうとする君(きたやま氏)・あの素晴らしい愛をもう一度(きたやま氏)

( )内は、歌い手を示す。

きたやまさんの声、抑揚が、耳に心地良い響きとなりました。

今日のこのライブに行って私は、気が付きました。

それは何か。明日に続きます。

|

« 菰田中練習試合 | トップページ | たわごと? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 菰田中練習試合 | トップページ | たわごと? »