« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011/12/23

願い叶う

たぶん、今年最後の願い叶うです

新聞・雑誌を回収業者にもって行った帰りにいつものスーパーで買い物をする予定を
考えていた。

回収業者さんは、留守だったので、これまでも留守の時は、置き場所に
置いてくださいといわれていたので、置いてきた。

なんだか、勘狂っちゃって、いつものスーパーに行く気が失せた。
とはいえ買い物はしないと何もないし。

回収業者のすぐ横にいつも行くスーパーの系列店がある。
予定は、この系列店に行くことは考えてなかったが
いいか、とりあえず品揃えは同じだし・・・。

この辺です、そこから遠いいつものスーパーにどうして行かなかったか。
なんとも摩訶不思議な気まぐれ。

それでどうしたかって。

スーパーと並んで結構広いインテリア雑貨店があり、そちらでチョット視察してました。
何を買うという目的もなく。。。

一応フロア全部見て周って、パソコンのイスが安くなっていたが
買う気なし。

そういえば、前欲しかったが、高くて諦めていたイスを思い出した。
いつも行くスーパーには、このイスは置いてないのだ。

背もたれが無くチョット座ったり、踏み台代わりに出来るそんなイス。
前は、¥3990だったのが、なんと¥1500で半額以下となっていた。

一度だけでなく、何度も見に来ていたが、買えなかった。
シンプルで飽きのこないイスだけど ¥3990の値打ちはないやろと私は思った。

¥1500なら妥当だ。上等だ。買ってきたのはコイツです。

Img_6729

| | コメント (0)

2011/12/15

イベント

先日削除したもので、チラッと書いていた今年最後のイベントに行ってきた。

Img_6726 notes 寺内タケシさんのコンサートです。
満員でしたが、ほぼ、ジジババの観客です。
昔を懐かしんで集まって来たのでしょうか?

1部は、日本の歌謡史と題して、唐人お吉・昭和半ばの歌謡曲
悲しき口笛・達者でナ・別れの一本杉
湖畔の宿(高峰秀子)北の宿から・津軽海峡冬景色・与作・風雪流れ旅・・

昭和のギター演奏風でしたね。

2部 エレキ時代の演奏 涙のギター・パイプライン(ベンチャーズ)
湘南サウンド(夜空の星・君といつまでも)・慕情(映画音楽より)
専属女性歌手 オンリーユー・アイネクライネナハトムジーク(?)
栄光の架け橋(ユズ)ユズが歌うより 感情がこもっていて引き付けられた。

歌、ものすご、うまかったな。

最後に地元の民謡 炭坑節を前列の客を上げて踊らせる演出をして
終りだったが、アンコールが マイウェイで締める訳は無く、
これを聞かずに今日のコンサートが終われない

津軽じょんがら節・運命(ベートーベン)で ようやく幕が下りた。
<1/3ぐらい曲目が抜けてます。曲はわかっても題名が出てきません。>

日本のサンタナ・ジョージベンソンか、いや サンタナがヨーロッパの寺内
ジョージベンソンがアメリカの寺内なのか・・・

ギターを泣かすテクニックは、三味線で聞く津軽じょんがら節より
私には、引き付けられるのでした。

ライブで聞く音は、迫力が違います。このCDは、1989年に出たものです。
さすがに若いですね。今72歳になられましたが、パワフルでした。

さっき引っ張り出してきて、またしばらく、聞きながら仕事しようと思います。
私の好きな曲が一杯入っとーとよね。                                                                                      

Img_6728

| | コメント (0)

ひとつづつ

直接の私事ではないが、否応無く関わっていることで処理をしていく。

今朝、ひとつ済ませてきた。これは序の口で、残りの方がはるかに多い。

どうなるんでしょう?考えたく無いけど、最終的には処理せないけない。

自分のことなら、早め早めに段取りしていくのだけれど・・・・。

この・・・には、深い意味があるとです。言うに言われん意味が。

人と関わっていくのは、いいこともあるけれど、やっかいなこともある。

ひとつづつ、処理していくつもりではあるが、終わるまで私の命が足りるだろうか。

終わらんかったら、せ~ンポッポばらかそうーっと。

| | コメント (0)

2011/12/03

まだ

通常なら、11月には完全防備している保温・暖房対策。
気温が多少高いと言うこともあって、今年はまだ ストーブのみ。

ファン無しの石油ストーブを使っている。
ファン付きは、電気を使うし、ファンが無くても室内は暖まるので。。。

ファン付きは室内のほこりも拡散するでしょうし、空気清浄機能付きもあるでしょうが
私は、ほこりが舞うのがいやだから、使えない。
ファンが無くても対流はしますが、無理からに、ほこりを拡散したくない。

早く室内が温まると言う方も居られますが、それくらいは、待てます。

※書き足し:なんといっても1番は、やかんや鍋が掛けられて
有効利用できることですわね。ファン付ではこうはいきません。

仕事の都合とかで暇が無いので今の状態なら、もう今冬は、
ストーブだけで過ごすことになりそうだ。

コタツ出しーの、敷物・コタツ布団掛けーの、これを片付ける手間を考えると
4ヶ月の辛抱だ。

あっちゅう間に 過ぎていくんだろうし。

グダグダ泣き言、言っているうちに春になっとーよ。 

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »