« 青春の灯が | トップページ | お試す? »

2012/03/06

お試し

先日のレシピから、はまっているといっていたジェイミーとうちゃんのレシピを
昨日も試してアレンジしてみました。

Img_6757 1.人参を皮むき器で薄く
  削る。

ジェイミーとうちゃんは、人参
丸ごと1本の上から下まで一気に
削っていた。ほかにもキュウリや
ズッキーニも同様に。

彼は、リボンサラダと言ってた。
日本人は、ほれ、繊細だから。。。

大雑把では、大味になりそうで
私は、5cm位で削ってます。
大きくしたら、緑やオレンジのリボンが
混ざってきれいでしたけどね。

私は、キュウリが無かったので、シソ葉を入れてます。

重要ポイント:シソ葉は、さっと水を流す程度でこすったり拭いたりしないようにしてね。

葉の裏から、シソの香りが出るので、裏を触らないように裏同士を内側にして切るように。
しその香りは、揮発しやすいので食べる直前に使いましょう。

Img_6763 2.このアジは私のアレンジです。
とうちゃんはこんなの入れません。
アジの刺身のように見えますが

みりん干しした酒のつまみのような
市販品で、これにドレッシングを
掛けておきます。

1日くらいつけたほうがいいように思います。今日は1時間ほど漬けた。

本当は、アジのイリコを使いたかったのですが、硬すぎ大きすぎでパス。

この辺から、大アレンジだね。

おもいっきし、和テイストに変わってきました。
Img_6766 3.チョット戻るよ。

あの人たち、オリーブオイルと
チーズに相当浸かっているみたいで
てんぷら油飲んでるとしか
私は思わずにいられません。
それくらい使ってるよ。

チーズも雪積もるくらい掛けるし。

本格イタリヤ料理にはどれ見ても使われるパルミジャーノ・レッジャーノなる
チーズを博多で買ってきましてですね。
このチーズ、穂波のハローデ〇にありました。これより大きくて¥1000近かったと思う。
ジェイミーとうちゃんの料理を試す訳です。このチーズも皮むき器で削って 人参の上にアジを乗せてチーズをおきます。

Img_6768 1.の人参と大葉の段階で
下味として塩、出来れば
粗引きコショウ、レモン汁、オリーブオイル
適宜お好みで。

レモン汁を効かせたほうが
おいしいと思う。

彼らは、粉チーズは、使いたくないと
言い、削りたてを振りかけてます。

日本では、スパゲッティーでも筒に入った粉チーズを当たり前のように掛けますが、チーズおろし器というのがあるように

あちらでは、おろして使うのが正当なんでしょう。

今日、削りたてを使ってみて、おいしさが違うのがわかりました。

チーズというと塩味のイメージですが、今日のは、ほんのり甘さを感じます。
薄削りでも、融けていく食感があり、このアジととってもよく合うのです。

日本の粉チーズは、いつまでも口の中にツブツブが残っていますね。

チーズとの関わり年数が2000年ぐらいあるんですかね。あの人たち。

使い切れないで硬くなったチーズは、野菜と一緒に煮ると
いいだしとなってくれますので、使い切りましょう。これもジェイミーとうちゃん直伝。

薄く削って、クラッカーに載せても中々のつまみになりそうです。

完成の見た目は、悪うござんすが、味は、相当、まいう!

|

« 青春の灯が | トップページ | お試す? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 青春の灯が | トップページ | お試す? »