« お試しレシピ | トップページ | 誰かが言うた »

2013/01/07

勉強しよ

1日のコメントで百人一首のことを書いておりました。

一年 一念発起して、今日から毎日一首づつ文頭に載せようと思い立ちました。
勉強せないけません、探すだけね(解釈は、わかりませんので致しません)

今日は 二首目

天の原 ふりさけ見れば春日なる 三笠の山に いでし月かも(阿倍仲麻呂)
これもすらすら出てきました。

この歌は、思い入れがあるからです。

 天の原を高の原に読み替えて ~以下同文。

奈良時代、駅名で言うと高の原というところに住んでまして、ベランダからは
三笠山(春日山)が見渡せるのでした。鹿がいる山と言えばわかりますね。

まさに この歌そのものの風景が目の前にありました。

距離的に言うと新飯塚から龍王山くらいでしょうか。
三笠山は、龍王山より低いですよ。

四季折々に変化するこの山を見ながら過ごした25年は、私の人格を再形成する
ことになったのです。(良いか悪いかはどうでしょうか)

私の個人用メールアドレスもこの中の単語を始めからずっと使ってます。

百人一首の中で一番好きな歌です。(これと春過ぎてしか知らんけどね)
あと、 ナンチャラ 袖振る~、他には 秋の夕暮れ (断片ですが) coldsweats01

私流に

高の原から 原始の山春日サンを見よったら、三笠の山らへんから
月が出た出た、月が出た、サノヨイヨイ。

下の地図で若草山~石切峠の緑ラインが 三笠山・春日山辺りとなってます。

奈良豆知識

下の地図中央で 【関西本線】の左側緑部分は、国指定の
平城京跡です。

菰田の東・西を合わせたより広いかもしれませんが
史跡なので、国が許可した建物以外は 一切建てられません。

復元された朱雀門と史跡の調査資料館と シルクロード博で無理からに建てた
迎賓館らしい建物だけ許可されました。
尚且つ、史跡内の大極殿跡地から東大寺方向を見て
東大寺を遮ぎる規模・高さの建物は、建設が許可されません。

どうやってそれを測るか。建てたい高さ範囲に アドバルーンを
立ち上げて確認するらしいです。
(実際TVでその状況を放映されたのを見ました)

緑を横切る黒い線は、近鉄電車ですが、これは良いのかと
疑問をもたれると思います。

鉄道を敷く時には充分調査を行い、ココなら大丈夫と敷かれたら
調査が進むにつれて、史跡が、それ以上に大きく広がったため
やむなしとなりました。現在も調査続行中で終わるのは数十年先らしく
もっと南へ拡大しそうですと。

【新しい資料によると 】
迎賓館らしい建物は、来場者減少により取り壊され
新たに平城京資料館を建設されたようです。

何が何でも業者のために建設せないけんかったのでしょうか。
そのうちまた来場者が減少したら、また何かを建てそうですね。

大きな地図で見る

|

« お試しレシピ | トップページ | 誰かが言うた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お試しレシピ | トップページ | 誰かが言うた »