« 2013年の始まり | トップページ | 勉強しよ »

2013/01/03

お試しレシピ

2013年、今年初めてのナンちゃってで試してみましたです。

昨年10月に福岡で買ってきたレモンカード(レモンバタークリーム)が
ソロソロなくなってきたが福岡まで買いに行くのも、寒くて気が向かんし。

私にすれば、相当高い買いもんやった。
安売りSHOPのジャムの量が半分で価格は2.5倍高でした。

作れるっチャない?とレシピを探してみたら、以外と簡単にできそう。
簡単なレシピを選んだんですけどね。。。

レモンカードの基本レシピ

レモン:1個 卵:1個 バター:50g 砂糖:50g レモンの皮すりおろしたもの:1個分

1.卵をほぐして、漉しておく。

2.卵以外を耐熱ボールにいれ混ぜる。

3.レンジで1分弱加熱後、出して余熱で溶かす。

4.卵の1/3をボールに入れ、固まらないうちに混ぜる

1/3が完全に溶けたら残りを入れ混ぜる

5.レンジに20~30秒かける。表面が白く膨らんだら
  出して混ぜる。 数回繰り返す。

6.濃度がついたら、柔らかいうちに瓶に入れる。

これなら、出来そうかナと。しかし、邪ま(よこしまと読む)な発想が閃くのです。

レモン(オレンジも可)で出来るなら、みかんでもゆずでも出来るんじゃない?

みかんなら甘いし、砂糖も少なくていいかも 

と、レモンをみかんに変えて、砂糖も1/10にしてみかんの皮を使いました。

Img_7732 バターは
細かく切っておく
方が、融けやすい。

出足順調。

バターが
融けた後
卵を入れたまでは
よかったが
2度目の加熱後

だまが出来たので
1度漉しました。

それから結局

9回レンジを掛けて、やっと とろみがついたのです。
湯せんのほうが、よかったのかなーっと。

6回目ぐらいにも だまが出来始めたけど、ナンちゃってがそこまで
せんでもよかろうもと そのままに。。。 卵がだまを誘発しているようだ。

味見は、おいしかったですが、だまはある。
食べられんモンは、使ってないので 食するには問題なかろう。

みかんの皮を入れましたが、どうでしょう、無農薬みかんではないので
一応塩でこすって洗ってますが、自己責任を負うから善しとしよ。

Photo 見た目は、市販品に
負けてません。

固まった時の
食感がどうなのか
それが、問題です。

湯せんで作るほうが
よいかもしれませんが
時間がかかりそうで
尚且つ火加減も
注意しないといけないらしい。

卵を入れなければ
だまは、出来ないと思うんだけど

みかんとバターだけで 作ってみるかね。

※ みかんの甘さがあるので、砂糖は少ないですが、殺菌のことを考えると
砂糖も基本どうり入れたほうがよいのかもね。自己責任、自己責任。

基本分量の砂糖を入れると相当甘くなります。

|

« 2013年の始まり | トップページ | 勉強しよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2013年の始まり | トップページ | 勉強しよ »