« 2013秋季大会 | トップページ | まだ要るか »

2013/09/04

雀のお松より

先日の炭都ビル解体の話の続きですが

ビルの管理組合・自治会ともう一人の方が、市役所を訪れ
今後の跡地利用について、市に協力とお願いを申し入れされたらしい。

申し入れの内容が、跡地を市に買い取ってもらい、計画を任せると。

その話をしてくれた雀のお松がご立腹でまくしたてる。

市にそんな財源があるわけなかろうもん。そんな計画よりも真っ先に
穂波川土手の改修工事を先にしないと、もういつ決壊しても
おかしくない状況なのに。

土手が決壊したら、炭都ビルの計画どころか、菰田全滅かもしれんとよ。

市に委託して、どれだけ時間が掛かるでしょうか。本町の火災から
再開発まで何年かかったよ。まだ始まってもないがな。

何をどうしてほしいのかわかりませんが、民間のマンション開発に
託したほうが、絶対早いし、住民が増えるじゃん。

また、市場を作ってほしいとか考えとん?

トライ○に対抗する規模でないと無理でしょ。

きっと、なにか思惑があるのでしょう。

と、雀のお松が、ボヤキ倒しておりました。

|

« 2013秋季大会 | トップページ | まだ要るか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2013秋季大会 | トップページ | まだ要るか »