« 降りかかった | トップページ | 昨日の続きで »

2014/06/29

そこから

私が巡回するネットの記事によると

ある左官職人さん仕事終わりに曰く、「今日も1日よう遊ばしてもろた。

遊ばしてもろて、日当もろて、ありがたいこっちゃ」と 嫌みなく仰った。

働くのは、時としてしんどいことやつらいこともあります。他人さまとかかわると
なおさら、難しい局面に出会うこともあります。

そんなことを全部ひっくるめて、遊ばしてもらったと思えるのって、その職人さんの物事の
捉え方に感動・尊敬を覚えます。

職人さんも始めっからそんな感情を持たれたわけではないでしょうが

時を経て、自分の技術を磨き、自信も生まれ、

昨日より今日、今日より明日、もっといい仕事をしようという努力が
仕事を楽しみに変えた、しんどいと思わなくなった。それそこが

そういう言葉となって周りにも感謝の気持ちをいわれるのかもしれない。

私が生きている間に身内的事由でそんな感情を持つようになれるでしょうか。

降りかかる火の粉を払うのが精一杯で、火の粉は熱いし、

やけどしたら痛いし、つい悪態ついてしまう。

家族がいろいろ難題を吹っ掛けてきても、それを解決する達成感や遊びに
感じる日がやってくるでしょうか。

そんな日が来れば、もっと穏やかな日々が送れるようになれると思うのです。

如何せん性格が、穏やかじゃないけん。そこから直さないけませんか。

|

« 降りかかった | トップページ | 昨日の続きで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 降りかかった | トップページ | 昨日の続きで »