« キッチンから宝石発掘 | トップページ | 10月の本町ライブ »

2017/10/01

母守りツアー(12)

母守りツアーも12回目を迎えました。

11回目は、朝倉地区の災害の直後だったため、配慮して掲載を見送りました。

記事としては、下書きにして残しております。

さて今回は、どこへ行くのでしょうか。

出発駅の飯塚ですが、

蒸気機関車の運転席のような趣の先頭車両に寝台車のような

客車が1両だけつながれていました。 貸切でしょうか?

しかし、ホームには、客は居らず。不思議です。

Img_2213
JRに乗って、小倉まで行き、ツアーバスに乗り込み。

いつものツアー会社では、今回の企画が無かったので、小倉からツアーに

参加しました。

Img_2215
小倉からだから、当然、北に進路をとる!
Img_2218

メッチャきれいでしょ。中国の九寨溝ではないんですよ。日本です。

作られた池ではありません。天然の池ですって。こんこんと、湧水が出ているので

透明だそうです。秋吉台近くにある(すぐ近くではないけど)別府弁天池

Img_2220

吸い込まれそうな位綺麗です。

下のヘリの赤色や池内の赤い石ではなくて、藻が付いているとのことで

きれいな水でしかつかない藻だそうです。

Img_2221
この池の水が、あふれ出る小川ももちろん透明で澄んだ水が流れておりました。

水がきれいなだけでなく、周辺の住民の方々の日頃の清掃と手入れにより

綺麗な状態が保たれていると思います。この弁天池は、厳島神社の分社という

こともあって、信仰の対象としてお守りされてもいるのでしょう。

秋吉台にしみこんだ雨が、長年かかって、この池に湧き出たのではないかと思う。

(個人的には)

次は、お食事タイム

Img_2229ここは、以前にも

立ち寄った

お食事処ですが

前回とは

内容が違います。

今回は

海鮮丼

食べ放題

私たち親子は、食べ放題で元は取れません。

海鮮丼の上のお魚が、バイキング方式で盛り放題となってました。

はっきり言って、一杯でいいわ。ほかの方もにもそんな感じで、早々と

お土産売り場へ向かわれる方がお出ででしたから、同じように

思っていたのは、私たちばかりではなかったのでしょう。

おかずは、あさりのみそ汁と冷たい茶碗蒸し(冷って夏バージョンか)と

アワビの表示でしたがとこぶしやろね、どう見ても。。。

それとお土産コーナーにあるコーヒーかソフトクリームの50円割引券。

ニトリや無いのでお値段以上には、できませんって言う答えが返ってきそう。

Img_2228

この後、かまぼこやさんによって、お買い物タイム。

私たちは、あまり買いませんでしたが、お店から、全員に500円相当のお土産を

頂きました。私たち以外の方が、沢山お買い物されたんでしょうねー。 

次は、千畳敷という名称の 観光場所? 日本海を一望できる展望台

海好きだから、嬉しかったし、気持ち良い風と景色でした。

Img_2233
Img_2237
次は、元乃隅稲成神社 

Img_2241
これだけじゃ、何や?でしょう。

海に向かって、朱色の鳥居が並んだ光景が、アメリカのCNNで

日本の美しい景色として紹介されたひとつです。

Img_2245
それと、なにこれ、珍発見で紹介された、中々入らない賽銭箱があるのも

この神社だそうです。ちなみに私は、試しませんでした。入らないのわかってるし。

おばちゃんは、気が短いのだから。

入らなくて、5000円位投げ込んだ人も過去にはいるらしい。

そんなやつに運は、来んわ。そんなこと神様は、すべてお見通しやろもん。

ここへきて、一人、戻ってこない方が居られ、添乗員さんが、上の鳥居から

上の画像の下の鳥居まで、駆け回り探されて、やっと見つかり戻られました。

それもありますが、ここへ来るまでの道路が一方通行で片道車線で

駐車場が小さいため、通行が遮られ、先に進めず、1時間のロスタイムとなりました。

最後のメインの観光どころ

Img_2253
これでは、判りにくいですが、角島大橋を渡ってるところです。

車とかのCMで とってもきれいな海の色の中を渡る橋として有名ですね。

残念なことに、時間が遅れたため、綺麗なコバルトブルーの海の色が

見えず残念でした。

Img_2262
Img_2267
しょうがないですね、ここを午前中に来ていたら、たぶん大混雑で、3時間ぐらい

遅れたかもしれません。駐車場が小さいですし、橋を渡り始めたら、戻ることは

出来ませんので、前の車が動くのを待つしかないそうです。

いつも利用している地元からのバスは、この橋を渡らない企画となっているので

申し込みませんでした。

予定通りの景色ではなく、帰りの時間も1時間遅れになりましたが、

今日の乗客の皆さんは、誰一人、誰も責めることはありませんで

気持ちよく還ることができました。

Img_2273

明日もいい日でありますようにと!















|

« キッチンから宝石発掘 | トップページ | 10月の本町ライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キッチンから宝石発掘 | トップページ | 10月の本町ライブ »