« 初冬の装い | トップページ | TV復活 »

2017/12/12

邪道から少しまっとう

大分前に邪道の香道をしておりました。

なんちゃっての道具を使って、自己流もいいところでですね。(いっつも)

Photo_2
← その時の道具

内緒ですが

灰の入った器は植木鉢です。

灰の上にある

お香を入れているのは

アルミ箔だしー。

でも これでも

十分使えるとですよ

誰の教えも受けてないし

受けるつもりも無し。

以前知り合った奈良の

アンティーク店のオーナーさんのブログを見て、こんな方法もあるっちゃが。

何と香料をストーブの上において、お香を焚くという。

メッチャ簡単ですがな。

ストーブの上に置くには、私の持っている木くずのようなものでは、

落ちてしまうので、これまた、アルミ箔に載せてやってみました。

鼻先を香の位置まで近づけないと、香りが判りません。木くずでは無理かな。

木くずと言うとあれですが、お寺でお焼香に使うくらいのものです。

とうとう、木くずより大きい小割というものと切れていた炭と

本格的に使う香を載せる銀葉(雲母に銀(?)の縁取りしたもの)を

地元の茶道具屋さんで買ってきました。

右が、炭(見えます、銀座の鳩居堂製)と炭の上に載っているのが銀葉

白檀の角割 これが、香の老舗の京都は、松栄堂製

で我が香炉は、¥100shopの植木鉢なり。罰当たりが!

チョットお高い!です。鳩居堂は、毎年、土地価格表示で日本一高い

場所にあるから、土地の値段もあるでしょうかね。

Img_3232

3大香と言われる伽羅・沈香・白檀。

伽羅・沈香は、もう現存する量が、限られているので、過去にあるものを

削って商品として使っているため、とてつもなく高く、最近はまた、

高騰しているようです。白檀も使用できるようになるまで、

100年は、掛かるという樹木だからね。温暖化やらの気候変動においても

生育が順調に行かないのでしょう。

生活に要らんちゃ、要らんもんですが。

そうですね、私の場合、趣味までいかなくても、何か自分が楽しめることを

作っとかな たぶん、気持ちのモチベーションを保てないかもしれません。

正直な話、ネットで買えば、もう少し安く買えたかもしれません。

今ストーブの上に、沈香をアルミ箔に載せています。

この沈香は、奈良薬師寺で頂いた、由緒正しいお香です。

いい香りしてますよ。白檀は、またこの次に。。。

|

« 初冬の装い | トップページ | TV復活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初冬の装い | トップページ | TV復活 »