« 寒い朝 | トップページ | 年末のご挨拶 »

2006/12/29

イチョウの木

Img_0746 これは、私の住む建物の1階に植えてある

イチョウの木です。ここに入居して2年の間

紅葉しないで、緑の葉から茶色になって枯れ

落ちていました。この秋、住民集会で

このイチョウの木を伐採することが決まる。

葉が落ちてから作業する計画になった。

その時は、いつのも年のように緑の葉にImg_0745

覆われていた。

イチョウが伐採の計画を

知ってか知らずか、住民の声が伝わったのか、

それからしばらくして不思議なことに、

イチョウ全体が、鮮やかな黄色に染まり、葉が、

全て黄色になるのを待っていたかのように

落葉しはじめ、あっという間に枝だけになった。

イチョウにも魂があり、彼らは、お別れに

住民の目に最後の艶姿を

焼付けたかったのだと思えます。

彼らにも意地があったのでしょうか。

あなた達の最後の美しさは、忘れないからね。

守れなかった私達を許してください。

※ 明日の更新は、お休みするかもしれません。ご了承下さい。

|

« 寒い朝 | トップページ | 年末のご挨拶 »

コメント

私 元々仏像が好きでそれから樹や石が好きなんです。
銀杏の樹(特に古い大銀杏)は葉が全部落ちた後 枝が多くて
 「千手観音」のようですよね。
かと言って 落ち葉が毎日と言うのも大変ですね。
お寺のように専門のお庭番がいらっしゃるといいけどね・・・・。

投稿: momomama | 2006/12/29 19:10

>momomamaサン こんばんわ
私は、切っても残してもどちらでもよいのですが、電線にあたりそうだし、
毎年の雨樋の掃除、剪定などの費用削減
一番は、防犯上伐らざるを得ないという状況で決まりました。
団体で住んでいるといろいろな問題がでてくるものですわ。

投稿: ならやま | 2006/12/29 23:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 寒い朝 | トップページ | 年末のご挨拶 »