« ひとつづつ | トップページ | 願い叶う »

2011/12/15

イベント

先日削除したもので、チラッと書いていた今年最後のイベントに行ってきた。

Img_6726  寺内タケシさんのコンサートです。
満員でしたが、ほぼ、ジジババの観客です。
昔を懐かしんで集まって来たのでしょうか?

1部は、日本の歌謡史と題して、唐人お吉・昭和半ばの歌謡曲
悲しき口笛・達者でナ・別れの一本杉
湖畔の宿(高峰秀子)北の宿から・津軽海峡冬景色・与作・風雪流れ旅・・

昭和のギター演奏風でしたね。

2部 エレキ時代の演奏 涙のギター・パイプライン(ベンチャーズ)
湘南サウンド(夜空の星・君といつまでも)・慕情(映画音楽より)
専属女性歌手 オンリーユー・アイネクライネナハトムジーク(?)
栄光の架け橋(ユズ)ユズが歌うより 感情がこもっていて引き付けられた。

歌、ものすご、うまかったな。

最後に地元の民謡 炭坑節を前列の客を上げて踊らせる演出をして
終りだったが、アンコールが マイウェイで締める訳は無く、
これを聞かずに今日のコンサートが終われない

津軽じょんがら節・運命(ベートーベン)で ようやく幕が下りた。
<1/3ぐらい曲目が抜けてます。曲はわかっても題名が出てきません。>

日本のサンタナ・ジョージベンソンか、いや サンタナがヨーロッパの寺内
ジョージベンソンがアメリカの寺内なのか・・・

ギターを泣かすテクニックは、三味線で聞く津軽じょんがら節より
私には、引き付けられるのでした。

ライブで聞く音は、迫力が違います。このCDは、1989年に出たものです。
さすがに若いですね。今72歳になられましたが、パワフルでした。

さっき引っ張り出してきて、またしばらく、聞きながら仕事しようと思います。
私の好きな曲が一杯入っとーとよね。                                                                                      

Img_6728

|

« ひとつづつ | トップページ | 願い叶う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひとつづつ | トップページ | 願い叶う »