« 10月の本町ライブ | トップページ | 花の名は »

2017/10/03

待ての時は

今日は待ての状態でしたので、昼過ぎて~、昼寝でもしようかなと

思とりましたが、やらねばならんことを思い出して、やおら、金づちと

金尺とカッターと買っておいた発泡スチロール板を出してきて作業します。

ここに住んで13年毎年冬の窓ガラスに付く結露に悩まされてきました。

気泡入りのプチプチシートやら、薄い発泡シートやら、結露防止スプレーやら

出来ることは、大概試してみたけど、解決策には程遠く、毎日毎日

窓ガラスを拭いておりました。

どうすればいいのか判っとります。暖かい空気が、冷たいガラスや

壁に当たらんようにすればいいのですよ。わかっとります。

ガラスは、材料を手に入れていないので、クローゼットの内壁から始めます。

実は、昨年の大規模改修工事の時に、雨漏り箇所を特定するために

べニヤを外しており、結露対策をしようとべニヤを固定しないままにしてました。

ベニヤを移動してコンクリートの上に、発砲スチロール板を一面に貼っていきます。

実際には、間柱があるので貼れなくて、隙間なく並べる感じでしょうか。

間柱が、枠の役目をしますので、ずり落ちることはありませんでした。

本当は、クローゼットの中、全部に入れたいところですが、固定してあるベニヤを

外すのは、もう大工仕事になり、奥側は、外部に面していないので、

今回いいかなと、楽な方を選んだというか、自己満足してしまった感でしょうか。

出来んことはないですが、体力的気力的根気が、消耗してしまったし

これだけやって、まだ結露したら、その時考えることにしました。

|

« 10月の本町ライブ | トップページ | 花の名は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10月の本町ライブ | トップページ | 花の名は »